私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

教えるんじゃない、犬に学ぶの

昨日の続き~。

イケないことをしたらNOと厳しく叱る、と言われて頑張ってる飼い主さんにお伝えしたいこと。

叱らない方がうまく行きますよ。

長年犬に関わってきて犬から見て「できる」人が叱ると犬が怯むのであって、

一般飼い主さんが叱ると、どんどん道具などの大きな嫌悪刺激が必要になります。

 

↓ NOの無反応=叱らない

f:id:charliemama3:20171212090136j:plain

 

YESの無反応↓ =褒め

f:id:charliemama3:20171211091928j:plain

 

こんなテルモ君ですが、リードワークの時ホワイトゴールデンの若い♂ピーク君には

大きな唸りを伴った声をあげていました。

が、基本、無反応で対応しているな、と感じます。

 

しつけやトレーニング、犬に教える前に犬に教わり犬を真似する姿勢って大事ではないかしら?

もっと犬が知りたくなってもっと愛おしさが募ると思います。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

犬語を理解し彼らと仲良くなれるようにしましょう

 

チャーリードッグスクール

認定インストラクターさんがまた一人誕生しました。

これからのご活躍を楽しみにしています!

 

家庭犬が家庭人といかに楽しく暮らして行けるか?を一番大切に犬との暮らし方接し方をお伝えする学校です。

犬語を理解しすぐに彼らと仲良くなり、彼らにその言葉を話させ

その上で、

○○してね、○○しないでね

は伝わりやすくなるのではないでしょうか?そして様々なトレーニングに向き合えるのだと思います。

基礎のところがすっぽり抜け落ちたままトレーニングするから、トレーニングは要らないと一部の方が思うくらい、トレーニングジャンキーになってしまう犬が多いし、

常に人の動向をうかがって落ち着けない状態になってしまうのではないかな?と見てて思います。

f:id:charliemama3:20171211092007j:plain

 

新横浜公園にいた猫さん。近所の子かな?だったらいいのだけれど。

迷子猫じゃなければ良いけれど・・・。

猫の鳴きまねが得意で( ̄▽ ̄)私が鳴くと、野良猫たちはきょろきょろ猫を探します(笑)

昨日も鳴き声でこの子を呼び寄せました(笑)

犬だったらまばたきして半身になると近づいてくれやすいですよね。

 

f:id:charliemama3:20171211091928j:plain

イエローラブのテルモ君と、黒ラブのヴァルト君。

テルモ君の犬語は私の超好みの犬語で。時におどけて他の犬にマウンティングを仕掛け( ̄▽ ̄)しかも頭に( ̄▽ ̄)

そういうおどけた犬が、いざという時には写真の様に穏やかに

「君の犬語は正解」

を伝えます。

犬に教育してもらいたいという言葉を時々耳にしますが、叱ってもらうを意味していますよね。

そもそもトレーニングやしつけを叱ることと思ってる人が多い現状が

犬的には×だと思ってて。

だって犬同士叱らないで会話してるもんね。

楽しい認定試験でした。

オンラインドッグスクールは基礎から「犬」について学べる場です。

DMMオンラインサロンを使用しています。

いかがですか?ぜひ!

lounge.dmm.com

 

最初に出会う情報で真逆な犬との暮らしになりやすい、それをたくさん見てきているので、ぜひ最初に

犬っていいやつ

という情報に染まっていただきたいです。

 応援よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

犬が咬んだら目を見てしっかり「イケナイ!」と叱ると

犬が咬んだら目を見てしっかり「イケナイ!」と叱ると

犬はますます咬むようになります。または興奮して咬みやすい感情になります。

なぜなら?

犬は目を見開いて見つめ合うのは攻撃の合図、闘いを意味するからです。

犬と闘ったらダメです。

コミュニケーションしなくては。

そういう意味で引っくり返して、そうアルファロールも、コミュニケーションではないですね。

叱るからその行動をしなくなるのではなく、必要なことは

落ち着かせること、です。

落ち着かせるために、犬にとって嫌な刺激(叩いたり、リードショックしたり、大きな音や声で制したり)で制御するのは脳の中に相手に対するネガティブな感情をもたらすと考えて、攻撃性についても

リラックストレーニング

気持ち良くさせる、ということを主目的にします。

機能は小田原お散歩トレーニングでした。次回19日も予定しています。

 

f:id:charliemama3:20171210073855j:plain

急きょ参加してくれたココ君。体調が万全ではなかったのですが。

鼻を使うのが上手になってきましたね。

f:id:charliemama3:20171210074004j:plain

飼い主さんは毎日つきあっている我がワンですから、よくわからないと思うけれど

一緒に歩く仲間は

「ずいぶんリラックスできるようになってきましたね」

と・・・。

違いを口にしてくれます。

f:id:charliemama3:20171210074035j:plain

 

年賀状写真に精を出すレア家( ̄▽ ̄)

 

f:id:charliemama3:20171210074102j:plain

 

安定のはる・シエルちゃん♪レイくんとも遊べて楽しかったね。

 

f:id:charliemama3:20171210074119j:plain

 

初参加のボーダーコリーのモコちゃんには3メーターリードをお貸しして試していただきました。

引っ張りについてはハンドラー側のリード操作からだの使い方を直すことで矯正できます。

 

各取り組みはそれぞれですが、色々な取り組みをしながら一緒に歩く。

そのベースは「叱らない」

「叱らない」から完成する「社会化」です。

犬たちの落ち着き方を見れば、間違っていないと分かりますよ。

お問い合わせお待ちしています!

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村