私は社会化のドッグトレーナー 第3章

犬との暮らし方教室 犬の森

興奮している自分の犬に手出しできない・・・?

今までお話ししているような丁寧な飼育、丁寧に犬と向き合って行けば
いらっとして犬に当たったり^^;
怒鳴ってしまったり、怒り余って無視してみたり・・・
そんなことがたまにあったとしても、犬との関係はまあ、良好でしょう。

犬にとって、恐れを抱くようなしつけをすることで、
心がどれだけのダメージを受けるか、それを考えて行きましょう。
超えてはいけない線を踏まない、ということ。

真面目に言われたまま「まずい」しつけ方を延々、密室で行う・・・
犬は追い込まれ感、大きいと思いますよ。


犬は多分、私たちの記憶システムとは違って、音や映像など洪水のように押し寄せる・・・
のかもしれません。
だから、怖い時、パニックのようになってしまうんでしょうね。

ではそういう時、
私たちはどうすることもできないか?ただ、興奮が冷めるのを待つしかないか。
犬だから興奮している時に手を出すと噛まれる・・・?と?
そう考える方はいますか?

子犬の頃の甘噛み、それを淡々と辛抱、スルー出来た方ならば
痛みや恐怖を感じて転位的に噛んでしまう・・・自分の犬のそんな噛みごとき
大騒ぎしないのではないでしょうか。

大騒ぎしない飼い主さんになっていただきたいと思って、こうしてブログを毎日発信しています。

まれに・・・
お手入れも犬が嫌がるから、飼い主として嫌われたくないから
自分ではしないと。
嫌われることはしないと・・・
でも、一言、言いたくなりますが、今まで多くのペアを見ていますが
嫌われたくないと思う方の方がいざという時噛まれますよね。
噛まれることも恐れます。
私は悪循環だと思うんですね。
嫌われたくない・・・それは、噛まれたくない、というだけではないでしょうか?今一度よく考えていただいて。
噛まれてもひるまない・・・そういう飼い主さんには尊敬の念を抱くのではないでしょうか。
厳しくしつけなくても、従ってくれるものです。

一人ぼっちの飼育、悪戦苦闘・・・日々萎えます^^;
日々凹みますもんね。
大変な時は毎日大変さが更新されて、何かにすがりたいものです。
その時に、
昨日お話しした犬が恐れを抱くようなしつけにすがることはやめてほしい、
ただただそれを願ってこうして書いています。
皆さんもぜひ、伝えたいという気持ちを持って、苦しんでいる方に届けていただきたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ




Copyright © 2021 私は社会化のドッグトレーナー All rights reserved.