読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は社会化のドッグトレーナー

家庭犬トレーナーの徒然ワンニャン日記またはしつけ考

その不調の原因は・・・いろいろ

つぶやきやら色々 動物との暮らし

おはようございます。

曇りの朝。むちゃくちゃ暑くはならなさそうですかね。

明日は福井お散歩トレーニングです。久々3時起き^^;でしょうか。

季節の変わり目、というか気温の変化がきつい時期、朝からあっちでゲボ、こっちでゲボ^^;猫多頭飼いあるある状態です。

グルーミングも過剰になってきてます。外に出たがります。

自然を感じたいのかな・・・。そんなことを感じます。

 

ココちゃんの血液検査は昨年同様少し肝臓の値が悪いのでお薬をもらってきました。

いつものフードにこれ↓をプラスして。

今日はおじや(おじやが嫌いなココ^^;)、今日は生食に少し火を通して(生食違うな^^;)、今日はチャーハン。そして今日はドライにウエットのトッピングと・・・。

日替わりです。

我々も毎日同じではないように、気温や季節によっていろいろ変化させていますが、基本肉食女子(笑)なのでお肉主体です。

今年14歳。元気印で大きな病気をしたことがなかったココですが加齢での不調は避けられないですね。

 

f:id:charliemama3:20160528083158j:plain

ぱくたそから)

サマーカットされるワンコさんが多く目につくようになってきました。

輻射熱で外を歩く時間にも気をつけなければね。

被毛は大事。噛みの問題での対処としてのサマーカット以外は害の方が多いということもあるのでブラッシングと毛すき、またはお腹周りのバリカンなどで対処した方が良いですね。

また年をとって来て目が見えにくいワンこさんにとってのおひげは道先案内役。切ったらダメですね。目が見えているワンコさんでも不安定になります。

以前もお話ししたと思いますが、過去記事から読んでいる方には周知のこともなかなか伝わっていないかなと思いましてうるさいようですが同じことを繰り返しお話ししています。

飼い主から見た不調が思ってもみないところにある、ということがあります。

そういうことからもいろいろな角度での「知る」ことが大切だと思います。

今日もよろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

知ることから始めよう

愛護のお話し

犬や猫、動物たちを助けたいと思ったら何をしなくてはいけないのかな?

辛いことも、時々休みながらでも良いから、知ることをやめてはいけないと思います。

 

まずは知ることから。

 

動物を守りたい君へ (岩波ジュニア新書)

動物を守りたい君へ (岩波ジュニア新書)

 

 

charliemama3.hatenablog.jp

クローズアップ現代…。
チャーリーショップ開店時代、同じ内容に疑問を呈しても「頭がおかしいのでは?」って目で見られていた頃を思うと意識が変わってきているよねと言う思いがする。
なぜ生体販売がイケないのかを根本から考えねば。
と同時にマスコミやTVが煽るブームについても根っこは同じであるということに気が付くような学びを。
命を考えて行くとシステムや自分の概念を崩すことが問われる。
TVやマスコミの自浄作用に期待したい。色々な人が存在するのは一般社会と同じでしょうけど。

まっとうなことを言うことも叩かれる世界で
「あんたの仕事だって犬がいなければ(犬が売れなければ)成り立たないだろうに」
と言われたときは1週間くらい胃が不調だった。
ペットショップで犬を売ることに反対すると一般の人が引くのが見えてそのことも辛かった。
買ったことを非難されたと受け取る人も多いからね。
そういうことじゃない。
システムを知ろうよ、知らなければ何が正しいのか考えることはできないでしょう?
考えることはフラストレーションをうみますが、うみの苦しみだと思います。正しさの指針が欲しいですもん。自分の中にうまれますように。

 

 

 

今日もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

 

 

少しずつ練習してね

保定や接し方

#キャベツ巻き

^^;

 

ワンコさんとのキャベツ巻き

できますか?

そんなこと犬は望んでいないって?

でもお顔拭いたりするでしょう?タオルかぶせたり~・・・。

犬を尊重するが変な方向に歩きだして、遠慮しいしい犬に何かできなくなっている人少なくないような気がしますよ。

 

スモールステップって言われるからどのくらいがスモールステップかってわからなくなってる人もいるみたいですね。

飼い主さんが目新しいものを持つと恐れて近づかない、という警戒心の強い子だったら、まずはそれを持っている時の方が良いことがある、という演出からですよね。

演出家になることが大切なのに、自分を変えること以外の方法論ばかり追い求めてもとっかかれないです。

今やる必要があるのか?

もうその辺でと言う時、もうちょっとと無理強いしていないか?

嫌がっている犬を叱ったり犬に不機嫌そうになったりしていないか?

近づかなくなりますよね・・・。

ということで参考図書を。

 

 

正の強化によるしつけ方。

遊びがそのまま演出になってます。楽しく遊ぶこと、飼い主さんが遊べるかどうか?ですよね。

飼い主さんが楽しそうに行ったら犬は一緒に楽しみたいと思わないかな?

もっと気楽に、でも必ず行う、後回しにしない。少しずつ行う。今日から行う。

頑張って行きましょう!

 今日もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

 

 

犬が苦手な犬に座って犬をやり過ごさせる・・・?

色々なトレーニング、矯正法、取り組み

 おはようございます。

動取の更新がすみました。

待ち時間にぶらぶら畑を見ながら散歩して。麦がこんなに色づいてました。

 

2016-01-18 正の強化は「嬉しい」も強化していますか? 犬との暮らしの基本 編集 昨日Facebookで以前のdogactuallyの記事が出てきて(お友だちがいいねしたのかな) もう一度読み返してみました。

正の強化は「嬉しい」も強化していますか? - 私は社会化のドッグトレーナー

 

1月の記事↑

 

タイトルにしたもの、散歩時に、犬を見ると突進吠えする犬の対処でよくあるものではないでしょうか。

オスワリさせてやり過ごさせましょう、って・・・。

チャーリードッグスクールでは、

それもあり。とお話ししています。

ひとつではないですね対処法は。

それがよさそうならばそれで。でもわが家のココの場合はむしろ犬に近づかれることが多いので、リードの長さを変えずに持つ手を緩めて相手の犬から逃げられるように(その時私自身もココの進路になるべくつきあいます。自動車が来る時にはココをきっちり横に着けて相手の犬からガードします。UFOキャッチャーの様に傍から見ると見えるかもしれませんが^^;吊り上げているわけではないです。車が危険だから。相手の犬は大抵制御されいないから)しています。

チャーリーの場合は吠えが出るのでまずはオスワリで落ち着かせる練習を日々行い公道ではなるべくオスワリで過ごさせるようにしていました。晩年はスルー力がついたのでその限りではなかったです。ココと同じ対処でOKになりました。

何が言いたいのかと言うと、昨日お話しした

 

charliemama3.hatenablog.jp

 ということです。

形を作るとしても共同作業で。どの犬ももともと持っているスルー力を発揮できます。

できないとあきらめたらいつまでもできるようにならないです。

ひとつの形だけで良し、と思っていると犬の成長を台無しにしてしまいます。

こんなめんどくさいと感じることも心意気高く取り組める犬との暮らしを応援しています!

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

 

サロンはこちらからご入会手続きができます。

Synapse(シナプス) - チャーリーオンラインドッグスクール

 

 

形だけを作っても仕方がないのよ

犬への思い

 

今日は保護センターに動物取扱業の更新へ。早いもので2回目の更新。

予約を9時に入れたので今日は結構早起きしました。

おはようございます。

f:id:charliemama3:20160524053908j:plain

先日の認定試験のれあパパさんのお花のお写真お借りしました。綺麗・・・。

29日は福井お散歩トレーニング。

一旦お散歩トレーニングは終了します。今までを振り返りいろいろなワンコさん飼い主さんとの10年だったなと思います。

 

お散歩中での悩み事のダントツ一位は吠え。

大型犬でそれに突進が加わると周りから見た危険度も大きくて飼い主さんの気苦労は半端ないです。

力負けするので対処もなかなか大変ですね。

犬の多くは混乱しています。

犬は成長して自分と自分のスペースを守りたいという本能的な行動はどんな犬でも持っていると思います。

それが出やすい犬はいます。それを叱られて脚側を位置づけられたとしても、形を作られたとしても、気持ちはそのまま。

それを思いやると、その気持ちを何とかする方が先決、って思えませんかね。

なぜ守ろうとするのかな?

自分に危害を与える人や犬がいると思っているのかな?

突進すると痛みを与えられるから、そういう状況自体が嫌なのかも。

ママにも叱られるから破れかぶれになっているのかも。

 

犬は言い聞かせれば理解してこちらに協力してくれるようになる稀有な生活を共にできる動物だと思います。

「いかないで」

「まって」

「ママはそんなことそしてほしくない」

「大丈夫、落ち着こう」

日々の接し方で安心を約束できれば上記の言葉は犬にストレートに響くはずです。

反対に言うと響くような関わり合いを。

 

 

叱らなければ犬をしつけたことにならないという考え方に支配されて、犬をいじめるようなしつけでたとえその時好ましい形を作ったとしても、心は離れて行く、そう考えるのは変な人ですか?

なぜもっとまじめに犬を考えたり語ったりしないのかな?

命を救うのと感情を支えるのとが同義ではない状況を見ると、正すべきは人。そんなことを思ってます。

 

時々、萎えそうになったりしますけれど、頑張る飼い主さんをとことん応援して行きたいから、私自身真面目に必死に犬や命を学びます。

飼い主さんを支えなければ彼らの犬たちも支えられないから。犬たちは飼い主さんとの大切な距離を守りたいと頑張っているんですよ。

だから必要なことは行動を罰したり痛みを加えたりすることではないです。

行動を止めるのに痛みは必要ありません。

本当に真面目に向き合いたいものですね。

 

では今日もよろしくお願いいたします。

 

 

今日もよろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

 

サロンはこちらからご入会手続きができます。

Synapse(シナプス) - チャーリーオンラインドッグスクール

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 健康へにほんブログ村 犬ブログ 犬 問題行動へ