私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールの足跡

犬の笑顔が見たいから

昨日のお話から

 

charliemama3.hatenablog.jp

 

犬が咬むというとき、

犬にストレスがたまっていたからでも、犬が上になっているからでもなく

ひょっとしたら、人間側が犬の嫌がることをし続けたためではないかな?

 

ということが、

クジラ目の意味から想像することができました。

2003年にドッググッズを売るお店屋さんを始めたのですが、そこで、

 

犬の気持ちを考えてね

 

とお話しすると

 

なんでそんなお犬様扱いするわけ?

 

みたいな反応も帰ってきたことがあります。

 

う~ん・・・。愛犬だ、家族だ、友だちだ、って言ってるのに「お犬様」とは何事?

と、もやもやした記憶があります。

 

犬をトレーニングするのは

犬が「嫌です」ということを辛抱するために行うのではないです。

犬のトレーニングというのは、犬の「嫌だ」をキャッチして

「ごめんごめん、じゃあこれならどう?」

と、別の方法ややり方を「提案」することです。

 

これが最も新しいポジティブドッグトレーニングです。

世界は間違いなく、この方向に進んでいるので、

いち早く波に乗れますように。

 

f:id:charliemama3:20220129183900p:plain

 

犬の笑顔が輝くはずです。

 

ランキングに復活してます。

骨太の犬に優しい接し方を広げたい。
犬の森マインドを広げたいのでご協力をお願いします。
お帰りの際に画像をポチッとよろしくお願いいたしますm(_ _)m
     ↓

 

 

 

Copyright © 2021 私は社会化のドッグトレーナー All rights reserved.