私は社会化のドッグトレーナー

吠えや咬みもポジティブなレッスンで解決します

リコール

charliemama3.hatenablog.jp

 

2014年の過去記事です。たぶんブロマガ(有料のクローズドなブログ)だったかな?

2014年というと、リードワークを形にしたいな~という芽が出始めた頃。

伸び始めた頃かな。

 

リードは拘束道具になりやすいし

いざという時に犬を引っ張るための道具になりやすいですね。

なのでリコールを教えるとき、

リード分犬から離れて「おいで!」と言って犬が来なければリードを引っ張れ。

と、トレーニングスクールで教わったものです。

 

それに対するアンチテーゼとして考えたのが

オンリードのおいで

なんですよね。

3メートルリードまたはもっと長いのを使う必要があります。

着いてこさせるんです。

 

懐かしい動画が出てきた。稲毛ね。(*'∇'*)*

 

youtu.be

 

 

着いてきたら「おいで~」の言葉をかけます。やがて犬は人に追いつく=人のところに行く→おいでの声かけを言ってから動く

 

と言うように発展させて行けば誰でも簡単に

おいで

を教えられるはずです。リードなんて引っ張らなくても良いです。ね?

 

ただ

「着いてきません」

という現象が時々起きます。しかも、着いてこないのに、分離不安だとか・・・。

こういうケースがいくつもあって、分離不安の対処について

様々な今まで唱えられたことがない方法をやってみていただいています。

 

charliemama3.hatenablog.jp

 

結局、方法論というより、犬との接し方向き合い方の総合力なんでしょうね。

犬の森で総合力をつけていただきたいです。

 

犬が渋々「行かなければならないから」あなたのそばに行くのではなく

「行きたいから行く」

それがリコールでは?

何かをやめさせるときだけ呼んでいませんか?

それじゃあ来ませんよね?

トレーニングは毎日楽しく♪どうぞ。

 

 

ランキングに復活してます。

骨太の犬に優しい接し方を広げたい。
犬の森マインドを広げたいのでご協力をお願いします。
お帰りの際に画像をポチッとよろしくお願いいたしますm(_ _)m
     ↓