私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールの足跡

犬を落ち着かせるトリーツの渡し方

f:id:charliemama3:20210810181431j:plain

 

名前を呼んでおやつ

 

名前を呼んだらトリーツを渡します。

 

名前という「音」とトリーツという好きなものをペアリング(対提示)して

名前を嬉しい音にしていきたいね、という取り組みです。

 

トレーニングというよりエンリッチメント色濃いですね。

 

この、トリーツの渡し方で気づいたことがあります。

犬の頭上からトリーツをつまんだ手をおろして犬の口に。

このように与える人が結構多いのですが、犬が食べにくそうなんですよね。

脚側歩行もアイコンタクトさせながら歩かせ続けるのもきつそうな姿勢ですもんね。

 

f:id:charliemama3:20210810181258j:plain



犬の自然な歩き方です。

そしてノーズワーク中。当然マズルは下向きです。

 

f:id:charliemama3:20210810181345j:plain

 

地面にバラまかれたトリーツを鼻で探して食べていると、どんどん落ち着くんですよね。

そこから、

じゃあトリーツを渡すのもマズルを下向きにしたら?

ということで、お散歩トレーニングでは統一させてもらってます。

 

f:id:charliemama3:20210810181402j:plain



これは猫の洗濯ネット慣らし。

 

トリーツの渡し方ひとつで犬が落ち着けるのなら、やってみて損はないでしょ?

ぜひお試しください。

 

 
Copyright © 2021 私は社会化のドッグトレーナー All rights reserved.