チャーリードッグスクール 

私は社会化のドッグトレーナー

犬育て迷ったとき自分でカスタマイズできるような学びを

スポンサー広告
 
 
☆ブログランキング応援よろしくお願いいたします☆
 

天気悪いですね。晴れるかと思ったけれどしとしと降り続いています。

このブログもこうやって更新するようになる前も、毎日

チャーリーオンラインドッグスクールサロン「犬の森」 - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

では投稿をしています。

 

 

私の教えを受ける場、というのではなく、私はガイドなので、より良い方法を提案したり、疑問を呈したり皆さんに考えていただく場所=学び舎です。

 

行動の科学は青木愛弓先生に。

動物福祉、遺伝学は冨澤奏子先生に。

そして犬の動物行動学的なこれからの歩みは菊水健史先生のご本や講演論文を参考に進むチャーリードッグスクールです。

 

ここ数年、有益な情報源であるネットのサイトも増えてきましたが、いざしつけトレーニングになると、あらら?な記述も多かったりします。

初心者飼い主さんだけではなく、何頭飼っても疑問は湧いてくるもので、そういう人が調べ物をしたときに、見せたくない記述もまだまだ混在していると思います。

 

そういう時に、じゃあ何を指針にしたら良いのかな?という時、

自分自身で選択できる力を持てばいいのでは?と・・・。そういう原点があるので

学んでくださいね、とお願いしています。

チャーリードッグスクールはたくさんの課題図書、おすすめ本をご紹介しています。

ドッグカレッジでは、一冊の本を読んで要点をまとめたり、ここは!というところを書き出す訓練をしていただいています。

その上で、調べ物をすると、そこに書かれてある間違い、というか疑問点に自分で気づけるようになり、

この本を最後まで読んで洗脳される自分が怖いから読めない

ということをなくしていきます。

最近入られた方にお勧めしているのは伴侶動物学のこの本です。

 

犬のココロをよむ――伴侶動物学からわかること (岩波科学ライブラリー)

犬のココロをよむ――伴侶動物学からわかること (岩波科学ライブラリー)

  • 作者: 菊水健史,永澤美保
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2012/11/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 そしてその上に行動の科学を学びます。

先日終了した初めてのハズバンダリートレーニングですが、今後

新潟での開催も計画中です。

トリマーさんに向けたセミナーもお願いできないかなと思っているので

ご興味のあるトリマーさんはご連絡くださいね。

 

また第二歩目(笑)も秋に登場予定です。

 

charliemama3.hatenablog.jp

 

冨澤奏子先生には遺伝の講演会を開催していただきましたね。現在はオンラインで受講できます。

 

​だれちょこスピンオフ ​「犬のブリーディングと遺伝」 オンライン講座配信中!

www.knktmsw.com

 

奏子先生はペトコトでも寄稿されていらして、新しい記事が上がってきましたのでご紹介します。

 

 

常に基本に立ち返り学ぶことで、自分自身で自分のワンちゃんとの暮らしの中で方法をカスタマイズできるように頑張りませんか?

前のめりで犬と楽しく暮らせるような学びをぜひ!

 

 

スポンサー広告