チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

匂いの世界

f:id:charliemama3:20190521200518j:plain

DMMオンラインサロン運営中のとき紹介していただいた記事です。

 

その中の、匂い嗅ぎについての箇所です。

 

――匂いを嗅ぐのを止めないほうがいいんですか?

夏目:私は匂い嗅ぎは推奨しています。吠える犬や、犬ぎらいの犬は、お散歩中に飼い主さんにグイッとリードを引っ張られて、匂い嗅ぎを充分にできていないことが多いんです。引っ張られると首が上を向いちゃいますよね。上を向くってことは犬にとっては緊張状態になるので、よけいに吠えるという悪循環を招きます。

犬にとってニュートラルな歩き方って、頭が背中より下にあることなんですよ。

――匂いを嗅ぐっていうのは、犬の本能的な行動なんですね。

夏目:犬同士は匂いでコミュニケーションをとってますからね。お散歩中のおしっこは、犬のSNSなんです。興味深い内容だったら一生懸命匂いを嗅いで、「いいね!」ってしるしを残したり。

――おしっこは、「いいね!」なんですね(笑)。

夏目:昔は犬の伝言版なんていったりしてましたけど、今の時代は犬もSNSですね(笑)。でもこうやって歩いていると、お散歩ぎらい、犬ぎらいの犬もだんだんと落ち着いてくるんです。よくわからない場所や相手は犬にとって警戒の対象になりますから、しっかり情報を与えてあげると犬は安心して、飼い主さんを信頼するようになってきます。

 

スタンレーコレンはこの(この本が出た)時代だから、犬の尿は新聞代わり、って書いてあります。

百聞はひと嗅ぎにしかず、って。

犬って匂い嗅ぐとき息止めてますよね?

そう、だから怖くてパンティングしやすいワンちゃんも、せっせとお外で匂い嗅ぎさせてあげると怖いと思う気持ちを鎮められるなって思います。

怖くない場所で練習するところからね。