チャーリードッグスクール 

私は社会化のドッグトレーナー

【ブロマガ】毅然とした態度・・・?といっても

スポンサー広告
 
 
☆ブログランキング応援よろしくお願いいたします☆
 
7月ですね。 今月もどうぞよろしくお願いいたします。
s-leaf0254.jpg ジーナちゃん初参加の動画。 テンパっている彼女のリードをお借りして、即、テンションが下がったびっくり動画^^;ですが。 http://youtu.be/OMEoaQVUunM ここでジーナちゃんのママさん、自分がやるっきゃないと、覚悟されたというようなことをお聞きしましたが。 犬が挙動不審になったり不安に押しつぶされそうになるのは 飼い主の意識が低い、とかリーダーとしての毅然な態度が足りないとか そういわれやすいこの犬のトレーニングの世界で、 でもね。 そうはいってもじゃあどうすれば? ということで科学がそこに風穴を開けてくれ、そして多くの解決法を与えてくれるわけです。 犬の行動に何らかの強化子(メリット)が与えられているから、です。 上記の動画で言えば リードの張りです。 なぜリードの張りが?ということを考えるとき、犬ってどういう動物かを考える(行動学)が必要でしょう。 犬は人間のそばで人間の役に立つことをしたがる動物です。 犬をそういうようにとらえたがらない方もいて、犬は自然のままにと思う方も少なくはありませんが 特に使役を目的として選択繁殖をされてきた彼らには当然備わった『役に立ちたい願望』。 リードの張りによりジーナちゃんが、その先の困惑するママの顔を見て、ママと自分のスペースを守ることが自分の仕事、 と思ってもそれは当然だよね? 何てかわいい子なんだろう、と…私はリードをお借りしたくなりました。 どうなるのかな?と。 私はあることをしようと思いました。 ま、以前記事にしましたので覚えておられる方は多いと思います。 このあたりの記事 http://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-entry-3154.html
犬はあなたをこう見ている ---最新の動物行動学でわかる犬の心理犬はあなたをこう見ている ---最新の動物行動学でわかる犬の心理
(2012/06/19)
ジョン ブラッドショー

商品詳細を見る
そしてぜひ読んでいただきたいのがこちらの本ですね。 最近はいつも電車の友。^^ 毅然とした態度で、それはまったくそうで。 でもどうすればいいか?に行き詰ってしまった方多いと思います。 反対に、何もしないことで犬はストレスから解放されるということに飛びついて、でも 日常的に何もしないでいられることは少ないわけで、やはり行き詰まり。 じゃあどうしたらいいの?と もやもやの中で犬との暮らしが何となく楽しくないと、そして追い詰められた感じがしている方も 少なくないのではないでしょうか。 学校の勉強のようにこれだけ暗記したから結果が出る 命を育てること、飼育はそんなに簡単にいきません。 そういう時助けになるのは、常に前を向いて歩く学び続ける仲間とつながること、だと思います。 思いませんか?
スポンサー広告