チャーリードッグスクール 

私は社会化のドッグトレーナー

ハンドラーが動きます。

スポンサー広告
 
 
☆ブログランキング応援よろしくお願いいたします☆
 

リードの長さ分犬が前に行っている・・・
我々は3メーターリード使っていますので、3メーター先に犬がいるということですが。
まあ、その時、どう対処するかは次にお話ししますね。

ということで、
犬がはるかかなた^^;でもないか
3メーター先にいますが、どうしたらいいでしょうか?
お散歩トレーニングでも練習してみることがありますよね。

グッパーのグーでリードを固定します。
グーは、犬に衝撃を与えないようにしてください。

グッパーというと犬にがっくんがっくんさせて合図を送る、と勘違いされている方がいるかと思いますが
歩く時に、如何に心地よさを持ってもらうか
が私のトレーニングの神髄ですから、滑らかなリードさばきをつかむために、飼い主が
ハンドリングのトレーニングをします。

そして・・・
犬を動かして脚側へつけようという発想を捨ててみましょう。
一般道では、ハンドラーが動いた方が危険が少ない・・・と?思いませんか?

リードのテンションで、犬をその場にとどめる
練習をします。
それをしないと、リードを手繰るにつれ犬がどんどん前に進む、ということになります。
テンションで(=グーで)とどめて、あなたが犬のそばに行きます。
ハンドラーが動く、ということです。

もしここで・・・
犬が動かず人間が動く、という言葉に違和感のある方は
違和感はどこから来るのかをもう一度、支配性のカテゴリーで学んでいただきます。

暮らしやすいように、人間がサポートするということは
人間が動けばいい、それだけです。




スポンサー広告