チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

犬らしいとはどういうことでしょうか?

一連の挨拶記事・・・
まあ、ブログを始めた頃だったら、オフリード賛成なのか!?
くらいのコメなどを頂戴したかもしれませんね。

賛成ですけどね、この日本ではNGであることは承知しつつ暮らしています。


愛護推進委員を委任されていますが、
委任当初・・・ブログの中にオフリードの写真があるから削除するようにと(しかも私のブログではなく
家族のブログ^^;)。
条例違反(私は訓練する時は制御できるからということでまあ、OKだと言われましたが)だからと、県民の方からメールでの指摘があった、と。
・・・
まあ、色々うるさく言えばきりがありません。
反対派(があるのか?^^;)の人にしたら私が何を書いても、
面白くない、文句を言いたい、そういうこともあるでしょうしね。
私が活動を(このブログも含む)止めるわけにはいかない理由は、現在進行形で頑張っている飼い主さんの支えとなるためです。これはきっぱり、と言いきります。
想像の飼い主さんではありませんから。この活動は遊びではない、のです。
もちろん自惚れでもない。

話を戻しますが^^;

犬同士の挨拶、この日本の大半はお散歩時にリードつきで、ということでしょう?
そして、お散歩時のお悩みが寄せられるわけです。
飼い主さんは、「ガウってなったらどうしよう?」
という一抹の不安を抱えての行動(散歩)になっているんですね。誰もが自信があるわけではない。
その時、リードを持つ手には力が入り、無意識にリードを引いているんですね。
張っているわけです。張るというより引っ張っちゃってます。
その張り(引っ張られる)、というテンションが犬にとってどういうきっかけになるのか?
少し想像してみる、または
検証してみるためのオフリードです。あるいはは長いリードで思い切りテンションを解除させる。
自分が引っ張っていることの自覚を促す、ということでもあります。

もちろん、対犬挨拶トレを行うのであれば
多少のガウガウには無反応、スルーで返してくれる対犬がいて初めて上手くトレーニングが行く(私的に納得できるトレーニングです)わけですけどね。

リードのテンションや相手からのガウり返しが、その犬のボルテージを上げますから、
次も、その次も、挨拶行動→緊張と憤りがつきものになってしまいがちです。
だから、
「今回はどうかなぁ~」
と心配してリードをピンピンに張ってしまうのなら、飼い主さんへのアテンション強化で
犬に向かわせない方が、ネガティブな体験から犬を回避させることができるのです。

無理なくできることをしましょう、というご提案です。毎日のことですからね。

犬らしいというのは
犬同士がガウって、ガウられて・・・学ぶ、というよりも
ガウっても相手にされずに肩透かしを食ってその結果犬同士の安寧が生まれる
というのが良いなぁと^^;そういう犬らしさがいいな、と。
私が犬に教える時も、そういう感じで接する事が、私の訓練哲学ですかね。
だから失敗するくらいなら、スルーを決め込む、これも悪くないはず。^^


さて、小田原座学ですね。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
色々なうるさい雑音も有り~の日々ですが^^;座学でもオンラインでもお話ししていますけど
真逆の考え方の方からの批判(非難)ではなく、たぶん^^;同じ方向性の方の非難や批判っていうのは
どうしてかなぁ、なぜかなぁって。まあ、考えても仕方がないので突き進みます。
応援ありがとうございます!