チャーリードッグスクール 

私は社会化のドッグトレーナー

大阪へGO!

スポンサー広告
 
 
☆ブログランキング応援よろしくお願いいたします☆
 
ニャンコたちのことがあるので、一日外に出るのが負担と言えば負担になった今日この頃^^;
仔猫らしく、芝生のサークルに出すと一斉にトイレに入り、そして走り回りプロレスごっこ。
欲を言えばもっと広いサークルがあったらいいのになぁと・・・
これが(サークルが)あるから、危険を感じずに外遊びさせることができます。
猫風邪引いていますので、室内のクーラーはむしろ危険ですね。
みんなそれぞれ快方に向かっています。昨日新たに2匹保護しました。これで全部で7匹。
最初の半分以下になってしまった(自然は厳しいですね)けれど・・・
考えても辛いしどうにもならないことも多いので、今できることをただただ行っています。

親猫と言っても1歳くらい。
ふたばちゃんに至っては2.7キロの小さな体で出産子育て・・・大変だっただろうに。
先日避妊手術を済ませました。

013


野良ニャンコですから、警戒心は半端なくたとえおいしいご飯を用意していても
目が合えば顔めがけて攻撃してくる?恐れのあるニャンコたちで・・・
その中で一番人懐っこい子をカエデさんのところに迎えていただきました。
(ひょっとしたらこのふたばちゃんの方が懐っこかったか^^;)

親猫たちのうちの一匹は、餌場にも現れないので捕獲のしようがない・・・諦めてはいないですけどね。
6匹兄弟のうち、手術予定はみつばちゃんです。
あと、出来れば5匹(7匹になりました、仔猫です)手術をしてしまいたいところです。
ニューフェース。
ケージに隔離してあります。どの子も風邪が酷いですね。
治療から始めないと。ご飯もまだ食べられない様子・・・強制給餌です。

明日あたりには自分でお皿から食べるでしょう。

006


警戒されないように・・・怖がらせないように、
たとえ「シャー!」と威嚇されても
「大丈夫よ~」でなだめながら淡々と接するのは犬も猫も同じかな。
決して攻撃的にならない自分と「大丈夫よ」のことばの対提示ですね。

攻撃的な行動の強い子ほど、根はナイーブで気が小さいんですよね。
そこを人間が誤解しないようにしたいものです。攻撃に叱責を加えると
「ほら、やっぱり危険だ」
と攻撃が定着しますから。

自分の行動が何も生まない、それを理解させることが大切なのかなって思います。
犬もね。

さて、この記事がアップされて皆さんが読まれる頃は新幹線の中かなぁ。
始発で参ります。
岡山から参加してくださる方と待ち合わせて、ビビアンさんに会場まで連れて行っていただきます!
一月にお散歩会に顔を出させていただきました。
参加された皆様とはお久しぶり~♪ですね。
また、初めましての方もたくさんお申し込みくださいましてありがとうございます!

楽しい充実した一日になりますように。応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ


スポンサー広告