チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

安心の与え方

Twitterからです。

チャーリーママ
@charliemama3

2ヶ月パピーちゃん「全然寝ない子だと思っていました」が・・・飼い主さんに抱かれて寝息を立てる。^^その家庭内で「伝わった」感を持たせると、安心して寝るんですね。飼い主さんに無理ならトレーナーがお手伝いします。^^

で、タイトルにある安心の与え方ですが・・・
もちろん一つではない。
また、興奮させないようにさせるとか、
落ち着くようにケージに入れるとかでもない。

正解を与えることです。

正解を与えるとお話しすると、トレーニング的思考が染みついている方は
または、犬はただで物を与えられてはいけないという支配性理論に染まっている方は
「おすわり!」
など、指示を与えて従わせたくなります。
従わせないと正解を与えられない、と・・・
柔軟性がないんですよね。

正解というのは、
興奮して噛んでくる子に、
もっと優しく噛もうね~と、笑いながら相手することとか
クンクン匂い嗅ぎしていれば
「そうそう、何の匂いがするの?上手ねぇ」
と言葉をかぶせるとか、
抱き上げてバタバタしても「いい子ねぇ~、抱っこが上手よ~」
となだめることとか。
すべて正解を与えることと、私は捉えています。
そういう人が犬は大好きですよね!?

 

f:id:charliemama3:20160720213614j:plain



大分元気になってきた保護ニャンコたち。この子達も全くその通り。
怖がらせない。正解を与えることに集中します。
そうして私たちはそれぞれの命を必死に育てながら経験を積みます。
どの経験も尊いと思います。

今日はお店の定休日ですが・・・ニャンコ関連で一日バッタバタしてしまいそうです

^^;