チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

心を育てる

千葉座学の中で、ヴィベケセミナーで学んだ
犬の成長段階とその時々に応じた接し方のお話をしました。

日本で通常考えられている、行われているしつけがどれだけ
人と犬とのコミュニケーションを阻害しているのか、考えていただきたいと思いまして。
またヴィベケからのメッセージとしてもお伝えしたいと思いました。

なぜ犬が一人旅するのか?
一人旅・・・人に救いを求めないのか。
ひょっとしたら、「犬が自分で考えて自分で対処できることが良い犬」ということを思っていませんか?

競技などでは自分で考えることが求められますが
その基本となる、自我の成長段階で人にコンタクトを求めるとか
追い詰められた感がある時に人に助けを求められる、そうなって初めて
パフォーマンス豊かに競技できるのかなと思っているんですね。

心を育てるということですよね。そこをもっと丁寧に、そんな気持ちでお話ししました。

ポイントは、犬を怖がらせない。です。
「NO」についてお話ししました。
それについて、明日お話ししたいです。
甘噛みについても。