チャーリードッグスクール 

私は社会化のドッグトレーナー

グッパー体験会

スポンサー広告
 
 
☆ブログランキング応援よろしくお願いいたします☆
 
座学の午後からの部はグッパー体験します。
座学の目玉といってもいいですかね。
私のトレーニングの目玉でもあります。
習得するということが目玉でもあり・・・^^;

誰にでも学んでいただけるように、有料ではありますが(学校ですから当然ですが)
座学とオンラインで公開しています。
もちろん、こちらのブログでも多くは公開していますけどね。

座学の参加者さんの記事を気がついたら^^;アップしていきます。
予習復習として拝読させていただきましょう。

ミシェルママさん♪
http://ameblo.jp/genki0529/entry-11291003304.html

小麦のかぁちゃん♪
http://komugityuudoku.blog92.fc2.com/blog-entry-740.html

あけみにーさん♪
http://blog.livedoor.jp/saba222/archives/51962321.html

やなおさん♪
http://mimihana3387.blog90.fc2.com/blog-entry-340.html

ペコ母さん♪
http://peko0421.blog.fc2.com/blog-entry-325.html

ジャム母さん♪
http://koizu3911.blog103.fc2.com/blog-entry-204.html

カエデさん♪
http://blog.goo.ne.jp/kaedekko/e/bea7036c5142f8c2d4761722b17ce5b3

ひなママさん♪
http://hinata0623.blog135.fc2.com/blog-entry-260.html


将来的に、全国各地でグッパーのお話はしていきたいです。
読者さんのいるところはすべて行ってみたいです。^^

たとえ首輪であろうとハーネスであろうと、リード使いは一つで。
チャーリードッグスクールでたくさの方が使っているこちらのフリースラインドハーネスも
リード使いは同じ。


http://shop-charlie.ocnk.net/product-list/85

制作者のサリーさんにもお聞きして私の使い方、考え方に賛成だという言葉をいただきました。

一度なるべく地面と平行に止めて、順々にリードを上に引き上げて(人が犬に近づきますね)犬が前に進みたい力を解除させるという使い方です。

どんなに優しいハーネスでも
リード使いが乱暴だったりまたは正しくなければ、苦しいものです。

昨日のtwitterのつぶやき。

チャーリーママ @charliemama3

こんばんは♪雨で外のニャンコが気になって・・・。昨日は座学お疲れ様でした。ハーネス体験(グッパーリード体験)されたかた、膝は平気でしょうか?^^;リードを緩める。この簡単なことは意識しないと難しいのですね。緩めるために止める(グーする)んです。止めるためにグーではなく。


緩めるために犬に近づくのです。自分でバランスを取るためには引っ張ってはダメなんですね。緩めてニュートラルに。ず~っとお伝えしたいこと。



多くの方が犬の後方からリードを引きすぎます。
だから犬は前に前に進むのですね。(接触走性)
前に行きたくないという気持ちにさせるために、一度後ろからリードを止め
次の瞬間には緩めるようにハンドラーが動きます。
次の瞬間犬を動かすのではないのです。
引いて止めるのではなく緩めて止める…大袈裟に言うとそういう使い方になりますが
実際にハーネスを試着して^^;体感された方には皆さん…納得というか
目からうろこの感覚だったのではないでしょうか?
上手いリード使いが出来ると犬たちは
「えっ!?」
って不思議そうな顔をします。人も…していましたね。^^;振り返ってしまいます。思わず。
接触走性は意識してのものではないので、たとえ後ろから引いて分からせようとしてもそれは無理なんです。
下手をすれば身体を痛めますね。

緩める・・・文字通りリードのテンションを解除します。

伝わらないかなぁ~、当然伝わらないですよね?^^;
伝えに行きたいなぁ。皆さんにぜひ来ていただきたいです。

『座学のお知らせ』
http://charlie.doorblog.jp/archives/6887301.html




スポンサー広告