チャーリードッグスクール 

私は社会化のドッグトレーナー

犬をもてなす、と言う意味でのトレーニングの場

スポンサー広告
 
 
☆ブログランキング応援よろしくお願いいたします☆
 
犬は賢い動物なので、
こちらの対処法(動きや、言葉かけ)が変化すれば(トレーニングでは変化させます)
「おや?何か違う」
と・・・
一旦行動が変化したようにと言うか変化します。

対犬にガウガウする、何か苦手なものにガウガウする
その時に、
ガウる必要はないとか(怖かったり喧嘩を売っていたりするのだから、ここはお母さんに任せなさい)教えるために、インターセプトしますが・・・

昨日もお話ししたように
犬たちがリラックスできていなければ、次成功するかどうかは定かではないのです。

021


飼い主のそばでリラックスできていない?
または
外ではリラックスできない?
まずはそこからなんですね。
体も心も柔軟に。人の言葉に開かれているかどうか。

たくさんの人や犬がいれば、誰かとはきっと相性が^^;良いでしょう。
その個体を見つけることも、犬や人への案内役となり、その子が苦手とするものへの案内役
「人も犬もまんざらではないんだ」
と教えられるという希望があります。
もちろん、私はそのために犬に好かれるように学び続けているわけなんですね。
人への案内役でありたいから。




http://youtu.be/uGFCsc9-YVw

リラックスできない状態で、何かを教えても、きっとそれも苦手意識や、嫌いと言う感情を
助長させてしまうのではないか・・・
ということで、おやつを使い、笑顔で、犬をもてなすという意味での合同トレーニングを行っています。


banner人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサー広告