チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

原点に戻って


002
1月2日の駅伝の応援です♪



昨日の記事でも書きましたけど、
社会化できていないから犬にケンカを売るわけではないと思うことがあります。
(このお話しはまたしてみたいと思います。)

特にオス。
犬同士、成犬になって力を確かめたいと感じた時には
威嚇や力を誇示するボディランゲージを示す、それは犬として正常に育った証拠なのではないでしょうか。
ただ、この人間社会で
一々誇示されると我々が困惑します。

なので、へたれな犬の方が避けていますから^^;喧嘩にならないので楽と言えば楽ですかね。
(中には、犬が怖いのにわざわざケンカを売るような犬もいます。
「怖いのにどうしてかしら?」
と飼い主さん・・・んー。人の心も分からないのですから、犬の心もやはり分かりませんねぇ。
ただ、表現方法には個性が出る、ということは間違いないでしょう)


私たち現代人は^^;とかく評価を気にしますね?
だから自分の持ち物、思考、生き方、犬でさえも、その評価の対象であったりします。
そこが生き難さの原点ではないでしょうか。

良い犬を連れていたい。
それはこの社会で暮らすために必要なことではあります。迷惑をかけないようにということで。
ただ、方向性がちょっと違ってしまうと
品評会になっちゃうんですねぇ。

だから、人の目を気にし過ぎて犬に過大な「お利口さん」を求めすぎる。
犬も我々も、何となく毎日がぎくしゃくして、犬を飼う喜びが感じられない。
そんなことはないでしょうか。

病気をしたり、心を傷めたり、自信を失ったり
この世の中は楽しいことばかりじゃない。でも、ここに犬がいることが楽しいわけです。
そういう原点を忘れないで、人の評価を気にし過ぎず、まあまあの線で暮らしていきたいなぁと思っています。

さ、今日は散トレ初め!張り切って行ってまいります。


応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ