チャーリードッグスクール 

私は社会化のドッグトレーナー

伝えたいもの(吠えるのをやめなさい)を伝える

スポンサー広告
 
 
☆ブログランキング応援よろしくお願いいたします☆
 
吠えた、次に吠え止んだ 「吠え止んだ時におやつですか?」 どうでしょうか? 正解のマークのためにおやつを与える、そういうトレーニングになっている方は多いかもしれません。 矢継ぎ早におやつを口にほおりこまれたりしますが。 私はそのマークの仕方は使いません。 人間は、 おやつを与えたからその直前の行動が正解だと犬は思っている と思って(期待して)おやつを与えているわけですね。 最初は褒めながら与えていたのに、いつの間にかおやつをあげるだけになっていたりしないでしょうか? でも、大抵は おやつで済ませてしまっている ような気がします。 「おやつを使っているのに上手くいかない」 と仰る方は、100%使い方が違っています。 使い方の間違えはいろいろありますけどね。 プロの中にも、おやつを使うと云々、と言う方は その方の使い方の認識が間違っています。 正しい使い方はあると思うし、私はさらにそれを進化させようと研究しています。 以前だったら 「お利口さん」とまず褒めて、次におやつを与えるようにお願していました。 今は? これは度々お話ししていますが、条件性の強化子、を使います。 ん? 条件性の強化子 聞きなれない、何て言わないでくださいね。 記事内検索をかけてみてください。 最も伝えやすい方法かも?と考えている(今現在の私の考えです)方法などをちょっとお話ししてみますね。 条件づけがキーワードになってきます。 条件性の強化子http://charlie1210.blog113.fc2.com/?q=%BE%F2%B7%EF%C0%AD%A4%CE%B6%AF%B2%BD%BB%D2
スポンサー広告