チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

犬の飼育、心がけたいこと

犬の嫌がることはしない、というのは基本ですが 過大視した解釈をして・・・例えば 昨日のお話しの中の 食器を下げようとしたら咬む、というのがありますが その時、食器を下げることが犬にとっては嫌、気に入らない、所有していたい の現れなんですね、犬にとって。 ただ、 ダメなものはダメ、を教えなければ犬は不幸ですよね? 嫌がってちゃあおかしいでしょう?ということを こちらが示す。犬をかわいがるという事はほったらかしにしておくということではないですもんね。 私たちに必要なことは、淡々と、行動をストップしないで遂行する、ですかね。 (もちろん今は子犬の頃の話。行動が定着した危険な場合は慎重に。でも叱る必要はないし 遂行できる、するための環境を作ります。) そういう時に犬を罰する必要は全くありません。 悪いことを悪いいと教える、ということで 罰するを選択する人があまりにも多いですね。 そういうことがNGであるという情報をえると一転、 犬が嫌がりそうなことを止めてすごすご引き下がる・・・ そういうことが起こります。 犬が咬んだ、または唸った その時の行動を人が止めれば その咬む、や唸る、は強化されます。 咬みやすい犬、唸りやすい犬はいます。 教えたいことはその必要はないと分からせること。人が引き下がることではないと思います。 引き下がると、犬の悪い行動は続きます。 犬はしゃべれないけど、 唸って知らせる、確かに。唸らずに咬むよりいいのかもしれない。 でも人に唸るのはNGなんですよ。 唸らないように育てなければいけないのです。 唸ったり咬んだりしたくない、そんな犬にできるんですね。 なぜ悪いことをしても叱らないか、唸らない犬にしたいからです。 実際、私の方法を実践してくれていると、唸る必要が犬にとってなくなる もちろん咬む状況にも至らない。 だから人と仲良くなって、犬たちの顔が穏やかになります。 機械的に叱りすぎだと思います。叱らなくてはいけないと思っているから そう教わるからでしょうけれど。 叱りが通じるか通じないかの前に、犬はどう感じているかを考えてあげる時 犬からの信頼は高まるのではないでしょうか。 参考にしていただきたいカテゴリーはこちら。 犬の飼育基本的な考え方 http://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-category-16.html クリックでの応援よろしくお願いいたします。 にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ トレーニングの予定はこちらでご確認ください チャーリーしつけトレーニング教室 プライベートレッスンにつきましては通常通りお受けしています。 出張範囲を広げました。メールください♪
【オンライントレーニングスクール】 チャーリーママのオンライントレーニングスクール オンラインドッグスクール メールカウンセリングはこちらから。http://blog.kuruten.jp/charlie/150113 携帯からのポイント購入が出来るようになりました。携帯からご購読の手続きOKです☆