チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

グレースちゃんへのプレゼント

出張もちょっと頑張る今日この頃。 知識と対犬スキルと、飼い主さんへ伝える力と 短時間に求められるのでなかなか気が抜けませんが、 文章で伝えたり、感じ取るよりははるかに楽ちんですね。 ゴールデンのグレースちゃん。 1歳のお誕生日に、お誕生日プレゼントとして 私のトレーニングを4回コースで受講していただいてます。 綺麗な仔ですよ。 今度は正面から撮れるといいな。 引っ張りで、ジェントルリーダーの装着だったものを 外してお散歩したい、というご希望がありました。 一回目ですでに外していただき長めのリードに変え、 2回目との間にハーネスに変えていただき・・・笑顔が増えた。 007_20110424142850.jpg リードの使い方、正解のマークの仕方 犬を落ち着かせる接し方、などなど。いろいろ学んでいただき そして究極的に「叱らない」の実践方法を。 001_20110424142851.jpg ちょっとカレン系なの。カレンを知らない人には想像がつかないでしょうね。 目と目が合うと、はっちゃける。 その時、ちらっと歯が出ます。(笑) 歯をむき出すといっても、威嚇しているのではないのですよ。 従属的な笑い、ってご存知ですか? 「笑って許して」 「怒っちゃいやよ」 「私はカレンよ」 みたいな・・・歯をむき出しつつ素晴らしく下手です。 犬にも人にも繰り出しますよ。面白いですよね。こういう派手なパフォーマンス 感情を現すパフォーマンスは、擬人化ではないけど、その時の心の動きをしっかりくみ取ってあげないと 理解できないことなのかもしれませんね。 現に、 従属的な笑いで、遺棄された犬の話を聞きました。 「歯をむいて飛びかかってくる、この犬は危険だ」 と。 そんな時・・・危険なのは実は人なんですね。危険な発想から危険なことをしでかす。 ハサミや包丁でも、その物は危険物なの。でも使いようでしょう? 「危険だ危険だ」 と大騒ぎする方が尋常じゃないでしょう? もっと理性を働かせましょう。 006_20110424142851.jpg と、話が逸れましたが、このグレースちゃんはのびのび育ってます。 あと2回はそうですねぇ。 猫ちゃんとの慣れ方(レスポンデント条件づけの基礎と応用)、 そしてクリッカートレーニングの基礎(オペラント条件づけによるゲーム)で終了したいと思います。 素敵なレディに育ってください。 トレーニングの予定はこちらでご確認ください チャーリーしつけトレーニング教室 小田原でのお散歩トレーニング、次回は4月12日(火)です。 プライベートレッスンにつきましては通常通りお受けしています。 出張範囲を広げました。メールください♪
【オンライントレーニングスクール】 チャーリーママのオンライントレーニングスクール オンラインドッグスクール メールカウンセリングはこちらから。http://blog.kuruten.jp/charlie/150113 携帯からのポイント購入が出来るようになりました。携帯からご購読の手続きOKです☆ mglogo_normal.gif メルマガ3月3日創刊! サンプル号はこちらでご覧になれます。次回の刊行は4月28日です。 http://www.mag2.com/m/0001246210.html