チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

不安を解消する

  去年の城址公園に続く道の桜。開花も満開になるのも早かった・・・ 犬たち(私たち人間もですね)今、不安状態の中にあると思います。

少しでも解消するために出来ることを考えてみましょう。

不安状態の時には体を動かす、ということが大事だと思いますが 不安を消すためにうろうろするのは、犬にさらなる不安感を与えます。

商店やコンビニ、スーパーでの買いだめは,まさに不安を埋めるための行動なのかもしれませんが そういう動きではなく、 やはりお散歩ですね。

億劫ですが、外に出てみると気分転換になります。

でもやはり気分が落ち着かない、そわそわするという時は ふとした時に思わぬ事故(リードを放してしまうなど)になりやすいので リードを持ったら、自動車のハンドルを握る、位の心構えでお願いします。

犬たちの不安を消す、ということで私たちも癒される そう意識を持っていきましょう。 ということは・・・ 犬と遊ぶ(基礎トレ)時間を5分でもいいから持つ。

密度の濃い時間を過ごすことで、あとの時間は落ち着いて寝ていられるのが犬です。

メリハリですね。

こういう時だからこそ、飼い主さんの声を届かせる、その練習は 怠らないようにしましょう。

名前を呼んでおやつ。

これはどこでもできます。

「あーん♪」でおやつ。

フードを投げて取りに行かせて、食べる瞬間「タンタンマーク♪」

食べる=生きる それを楽しく行うということで、その時の不安が解消していくと思います。

その上で、犬の不安感を助長しないような接し方を心がけましょう。