チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

デンちゃんは稲毛が大好きなの

さて、参加犬最後のご紹介は・・・デンちゃんです。 咬み咬み子型犬(最近はプードルのご相談ダントツです・当然ですよね、飼育頭数うなぎのぼりだから) の☆・・・になれ、ですかね。 飼い主さんがトレーナーの指示を聞いてくれる人でなければ、こちらも教えがいがない というか結果は出ないですね。 トレーナーの指示を聞いてもらえるようにこちらも努力するわけですが 最終的に、 叱らない、 を実践できるかどうか、でついて来てくれるか、離れて行くか 決まってしまうのかなぁと思います。 自分にとって楽な道に進みたいから。 叱る方が楽?・・・そう、自分の行動修正は楽ではないから。 叱ることが常であれば飼い主さんの行動は、変えにくいです。飼い主さんの行動が変えられなければ 犬も変わらない。 たとえ行動が変わっても 犬は空気を読みますから、 飼い主さんの心理状態に左右される。 だから密室での飼育は危険です。どんどん外に出ましょう、とお願いしたいです。 ただ、小型犬の場合、 嫌だと言えば(行動で示せば)飼い主さんは無理をしない、というか無理強いしないで コツコツトレーニングもせず、犬任せ。 社会化不足ですからお外が怖かったり反対に、怖いから吠え吠え突進だったり・・・ 結局、外に向かうことに嫌気がさして・・・悪循環になります。 大型犬は、唸ったといえば将来を案じて必死にトレーニングしますが 小型犬は抱いてしまえば何とかなると、何もされずに成犬になる、ケースが多いです。 唸ったり空咬みで飼い主さんを退けられると経験した犬は、 自分の武器の効果を学習してしまいます。 そう、嫌なことを歯を使って阻止する。 それを続けると、妙な自信がつきますので家の中では暴君になります。 が、いったん外に出ると怯える。怯えて自分が出せないので 家の中ではさらにわがままになる・・・ 飼い主さんは・・・どうしたって「支配性」と受け止めちゃいますよね。 周囲もそう言うし。 犬たち・・・案外、追い込んで咬むようにさせるというより、 経験学習での咬みつきの方が多いのかもしれませんね。 そこに「支配性」の理論で訓練されて追い込まれる。 さてさてデンちゃんの咬みはどちらか? 複合型だと思います。 きっちり、頻繁に様子を見られたということがラッキーでしたが、 日常的な咬みは、もう見られません、ただし、咬まれるようなことをしていないからです。 でも、その間に 飼い主さんの力をつけていただいて、 歯が当たっても動じない飼い主さんに成長していただきました。 怖がって、咬まれないようにするのと 怖がらずに咬まれないようにするのとでは、犬に与えるものは全然違うのですよね。 そして・・・自己主張的な咬みの矯正最終段階として 023_20110228084939.jpg 振り返ったらエルちゃんが見ていたので、地面の匂いを嗅ぐデンちゃん。 デンちゃん、犬であることを満喫しよう!作戦。(笑) 犬の中で得意の芸を披露すること。 大きな犬、吠える犬、時に突進されても、歩き続けるということ、 そして 家に帰っても、犬がいる環境を用意してしまいました。 004_20110228084939.jpg デンちゃんの妹、蘭ちゃんです。どうぞよろしく♪ 専門家の間でも、攻撃性を持つ犬の多頭飼育には懐疑的な意見もあります。 ただ、経験上 人に対しての咬みを、人によって経験学習した、そういう犬は 犬に対して攻撃できない個体が多いのですね。 デンちゃんはそういうタイプだと睨んで、上の写真の蘭ちゃんを迎える時、私は反対しませんでした。 というより、願ってもない蘭ちゃんの性格に、後押ししたと言った方が良いですね。 シリアスブリーダー出身の犬ですので、犬慣れは抜群。 人にべたべたしないので、デンちゃんがジェラシーを持ちにくいのではないか、 そしてなにより・・・ 次の子を迎えたのに、デンちゃんに手がかかることを 蘭ちゃんに申し訳ないという気持ちが強すぎないでいられる、ということ。 迎えてからの変化はすさまじいです。 注意深く観察しての「すさまじさ」ですけどね。 犬に俄然興味がわいてきました。 これからの変化が、とっても楽しみで、取り組みがいがあるというものです。 トレーニングの予定はこちらでご確認ください チャーリーしつけトレーニング教室
【オンライントレーニングスクール】 チャーリーママのオンライントレーニングスクール オンラインドッグスクール メールカウンセリングはこちらから。http://blog.kuruten.jp/charlie/150113 携帯からのポイント購入が出来るようになりました。携帯からご購読の手続きOKです☆ mglogo_normal.gif メルマガ3月3日創刊! サンプル号はこちらでご覧になれます。 http://www.mag2.com/m/0001246210.html