チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

人に前足をかける

004_20110107192403.jpg 人に前足をかける、 や、 人に飛びつく ことは、なぜいけないのか という考えの元に、犬にマナーを教えて行く、わけですね。 ところが インターネットなどの怪しげな情報源によると すべてひとくくりに「支配性」の現れである と明言されています。 一度そのように流された情報は、人の口を通じて 伝言ゲームのように広くいきわたってしまうのが恐ろしいと思います。 支配性の現れである、 とすることで、何が人にとって便利であるのか、と私は考えてみることがあるんです。 当然、犬の支配的な行動、というものはあるのですが 犬としての当然の行動に対しては 支配性のあらわれを適用してはいけないと思うのです。 犬が人に要求を突き付けて、人がそれを受け入れる、すると犬の行動が強化されて どんどん行動欲求を膨らませて・・・初めて人が生活において不自由な感じを覚える その時の支配性と 前足をかけるや飛びつくといった行動(特に若い犬)とを 一緒にしてはいけないのです。 そのあたりを、見分けられるように、が飼い主力のアップの目的ですね。 で、何が人にとって便利か それはマニュアル化しやすいから、ですね。 人に受けがいいです。分かりやすい、とか言って。 でもね、真実は分かりやすさじゃないのね。苦労してみつけるものだと思うから マニュアルはいかんよ、と思うのです・・・ あー、また続きます。 ブログランキングのバナーです。励みになりますので良かったらポチッと クリックお願いします。
人気ブログランキング 人気ブログランキングへ
【1月の予定】 1月8日(土)・11日(火)・14日(金)・18日(火)・22日(土)・25日(火) 30日(日) 開始時間:午前10時開始 集合場所:小田原城址公園二の丸広場 *予定日時が変更になっています。ご確認よろしくお願いいたします。
【オンライントレーニングスクール】 チャーリーママのオンライントレーニングスクール オンラインドッグスクール