チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

今年の抱負

4月から愛護推進委員としての2期目の2年目 なかなか上手く事が^^;運ばないのですが、焦っても仕方がないので コツコツ自分の仕事(しつけトレーニングのトレーナー)としての実力アップが 第一かなと思って日々新しいことにもチャレンジしつつ、 ご家庭で実践できる方法を模索しています。 横のつながりが大切なので、 方向性が同じで、一緒にいて安心できる方とつながれるように と思っています。 新しい出会い・・・ 小田原犬猫レスキュー.com http://odawara-dogcat-rescue.com/小田原市を中心とした神奈川県西部 西湘地域の犬猫里親募集・迷子捜索掲示板です。 の管理人さんがお声をかけてくださいました。 お店にも立ち寄っていただけて実際にお顔を拝見させていただくことで より安心することができました。 これからいろいろな面でお手伝いできたらいいな、と思っています。 管理人さんがどうしてこのHPを立ち上げようと思われたのか、 HPから転載させていただきます。(ご許可をありがとうございました) このHPは まずこの掲示板は、 ◆犬猫の里親を募集している ◆迷子になった犬猫の捜索を助ける ◆小田原市を中心とした神奈川県西部が掲載対象である ◆「地域猫」という考え方を皆に知ってもらう ◆団体が運営する掲示板ではなく、管理人の個人運営である である、ということ。 そして開設に当たってのいきさつは ★数年前、いつでも里親募集中というサイトに出会った。 ★以前から次に犬猫を飼うときは保健所でもらってこようと思っていた。 ★それ以前の問題で、よく犬猫を拾った。とてもよく拾った。 ★迷い犬の飼い主を探した。しかしどうやって探せばいいの?!  探し方がわからず動物病院にFAXを流したりした。とても大変だった。 ★「保健所に預けて安楽死させる」これが安楽死ではなく炭酸ガスによる  窒息死だということをテレビで知った。 ★庭に野良猫がいた。春になると仔猫を産んだ。仔猫はいつの間にか  全滅した。毎年のことだった。 ★「地域猫」という考え方に出会った。だが家族は野良猫の手術には反対  だった。人に理解してもらう大変さを知った。 ★引っ越した先で、猫ボランティアさんたちに出会った。庭の野良猫の  不妊手術をしてくれた。 ★ボランティアさんたちは、自費で里親募集の広告をタウン誌などに  出していた。 ★ついに里親になろうと保護主さんに問い合わせを入れた。  譲渡会に行った。片道2時間以上かかった。 ★保護主さんとさまざまなことについて確認しあった。結果譲渡は不可と  いうことになった。犬を飼うことについてもっと真剣に考えなければと  学ばされた。 ★神奈川県の動物保護センターに行って講習を受けた。県の状況がよく  理解できた。神奈川県民であることを誇りに思った。 ★最近犬を飼い始めたという知人の中に、保護犬の里親になったという  人は一人もいなかった。 ★公民館にあった迷い犬の張り紙を見て、小学生が「僕知ってるよ!捕ま  って保護センターに連れて行かれて2~3日したら殺されるんだよ」と、  得意げに言った。で、君はそれについてどう思うんだい? ★いろいろ調べ歩くうちに情報が分断されて機能していないと感じた。 ★迷子に関しても、行政側の市役所・保健所・保護センター・警察が情報  を共有していない。これは大変だわ‥ ★まず小田原の野良猫を助けたかったし、里親になるにしても神奈川の子  を助けたいと思った。 ★近隣の捜索情報が載っている掲示板が欲しい。まず自分が欲しい。  多分また拾う。 と言う思いからだそうです。 アクセス数による目標は^^ 目標アクセス:一日のアクセス数500達成→小田原市にて譲渡会を開催する  (゚Д゚)モクヒョウダイジ       1000達成→小田原市不妊・去勢手術の助成金が支給                            されるよう、行政に対して本気を出す 一人でも多くの方に掲示板の存在を知ってもらうこと、まずはここからですね! 皆さんも良かったらリンクでの告知をよろしくお願いいたします。 今年も応援よろしくお願いいたします。 人気ブログランキング 人気ブログランキングへ こちらも参加中♪