チャーリードッグスクール 

私は社会化のドッグトレーナー

みんなで歩くということ

スポンサー広告
 
 
☆ブログランキング応援よろしくお願いいたします☆
 

木曜日、急に冷え込みが厳しくなって・・・ それでも歩くと温かくなって、気持ちよかったですね。

参加された皆様ありがとうございました!お疲れ様でした。 今年最後、ということと 秋ヶ瀬でのトレーニングが浸透してきたということと 参加してみよう!という気持ちが熟した方が一人二人と増えてきて 9日は、17頭のワンコさんが集まってくれました。

そして見学者の方も2人。

 

033_20101210153900.jpg

 

こ~んな青空の元、開催できました。

今回初めて、私のトレーニング用語なるものと、お散歩トレーニングの注意事項をプリントしたものを お渡しさせていただきました。 小田原では、ブログの読者様でない方も多く参加されます。

もちろん、柏の葉で行った時も、稲毛も、つくばは・・・違うかな、秋ヶ瀬も ブログを読まずに参加される方がいることはいますね。 大阪のお散歩会は私のブログを読んだ方、という参加条件(?)があるのかな? 方向性の部分で違う方が入ると、何がまずいかというと 犬の制御に甘さが出る、ということですね。 トレーニングの場だから吠えてもいい、突進してもいい、経験の場 んー、どうかな? 理想は 「吠えさせないように突進させないように」させるための経験を積む場になります。

そこの理解をお願いしたく、注意事項として以下の文を用意させていただきました。

犬慣れで大事なことは、犬と接することではなく犬のいる中で飼い主さんにアテンションが取れること。 飼い主さんとの動きに集中できることです。そのために犬に負担のないリード使いを学びます。 社会化のためのペアーは、相手の犬が攻撃的でないかどうかの確認を、まず飼い主さんに聞いてから行動しましょう。(おやつをあげてもらうために近づく、とかです)

とこんな簡単な感じ。 ただ・・・実践は難しいですよ。 こうして注意点に書くということは、これができていない方が多くて だから犬同士のトラブルが発生したりするんですね。

犬に慣らせる・・・ さあ挨拶だとばかりに興奮したまま近づけていませんか? 飼い主さんは心配のあまりリードを引きすぎていないですか? ドッグランなどでは、飼い主さん同士おしゃべりに夢中になって犬の様子を把握できていないのではないですか? 犬として熟練していなければ、相手の犬の嫌だ、来ないで、の意思表示をくみ取れないのではないですか? 遊んでいるのか興奮してからんでいるのか、あなたに判断ができますか? 興奮しすぎているのでしたら、オンリードではインターセプトが有効です。 インターセプトは上手に出来ますか? 興奮した犬を抱き寄せることはできますか?(ホールドラッピング) 興奮した犬を触ることは危険?しかし、せめてご自分の犬は制御できないでどうしますか? 転位的に噛みが? では、興奮させすぎないで、または犬との接触は時期尚早。 犬慣れはまず、多くの犬がいる中で、平静でいられる自分(犬が・・・もちろん人も)を発見すること。 平静でいられるように飼い主さんとのアテンション強化で行きましょう。 何だか、ざわざわしているな、でもママと一緒に歩いたり座ったり、伏せたりしていると 落ち着いてくるな、 と犬が感じられるように、です。 続きます。

 

 

スポンサー広告