私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクール・ドッグトレーナーの徒然日記

スポンサー広告

攻撃性を鎮めるために

  f:id:charliemama3:20190521164030j:plain

 

我に返すことで、攻撃的な心を鎮めます。

その方法もいろいろ・・・ ありますよね。

悪い行動は叱らなければわからない。 あなただって今まで叱られたことがあるでしょう?とか・・・

「あるよ。あるけどその時・・・悲しかった。 私には理由があったから」

と人間ならばそう思い、その想いをごまかす術を知っている。

犬は、 叱られてもなお服従し・・・人はその心に甘えているのだなと思います。

犬に対する、マズルコントロール、ホールドスティール、アルファーロール 効く犬と効かない犬がいるとか、そういう姑息な思考ではなく 迷いを覚ます言葉を装備しよう。

名前を呼んでおやつを繰り返ししましょう、というのは装備の基礎になるから。

良い思いで我に返すか、恐怖で震えさせて行動や思考を停止させるのか。

同じ、行動を消去する手続きですが・・・ 犬の中に育つ思いが・・・喜びであるのか、恐れであるのか。

その違いは大きいのではないかなぁ。

攻撃性をまとめたカテゴリーはこちらです。

www.charliemama.work

特にこちら、セロトニン神経を鍛えるについての3月の記事です。

参考にしていただけたらと思います。

攻撃性を考えるひとつの鍵

www.charliemama.work

 

 

スポンサー広告