私は社会化のドッグトレーナー 

犬との暮らしを応援します

スポンサー広告

そこにいることを褒める

2019ポチの夏の福箱

つくばに行ってきました! 024_20101122213334.jpg

今回も参加してくださいました! コーギーのルーク君です。 途中でオフリードの中型犬が近づいてきましたが・・・ ルーク君に近づいて・・・^^; 事なきを得ました。 「ルーク君でよかったね~」と皆さんのお口から・・・というくらい犬にも人にも フレンドリーです。

お散歩トレーニングで目指すもの・・・ いくつかあって、都度お話していますが、その日は お散歩トレーニングが犬にとって特別な場所でありますように、というお話をしました。

お散歩トレーニングそのものが 犬にとっての特別な場所、出来ればご褒美的な場所に、ということです。

012_20101122213804.jpg

秋ヶ瀬にも参加してくれたマリブちゃんとママのboruさん

どうぞ、この子の変化を応援してください。 保護犬。おうちに迎えられて3か月・・・突進系、犬が苦手・・・ 慣れてないからしょうがない。 ママがいるから大丈夫。そしてお散歩トレーニングはあなたの味方だから。

ゆっくり心を開いて行ってほしいと思います。

リラックスできる場所。

生きることを肯定される場所。 おいしいが一杯で、間違いを叱られない・・・ 特別に何かが出来るから褒められるということではなくて そこにいることがOK,なの。 そういう気持ちを込めて、つくばのお散歩トレーニングを 実践してきました!

ぱとら抱っこされる

オフリードの犬が近づく・・・ 迷いなくホールドラッピング。ネロくん パワフルー! 抱くのは良くない?結果が良ければそれもあり。 抱かれて落ち着ける関係を作ってある、それを評価したいです。 穏やかな犬、ぱとら君。穏やかゆえ、自分に災いをもたらされるのではないか に過敏になる・・・そう睨んでいます。 グングン成長中!

ガウガウ! NO!ではないですよ。 ガウガウ! 「○○君~♪」 で止まる。 「OK!いいこじゃなーい♪」 で自制。 ON/OFFのスイッチが入ったり切れたり・・・

どんどん スイッチが切れることが早くなり、そしてスイッチが入ることが遅くなる。

脳のエクササイズ。 恐怖や痛みで制御されるのとはまったく違う機序で脳が働きます。

 

008_20101122213939.jpg

ハク母さん とハク君。 真ん中に写っているのはたまさんです。 たまチリさん出張のため,お一人での見学でした。 この日も舌べらクリッカーをやってみたのですが、ハク君の頭には ひときわ明るい電球がともったようでした。 考えて行動、もっと考えて次の行動、素晴らしい集中力で楽しませてもらいました。

悪い行動は叱らないと分からない・・・ 叱って悪い行動が次から出なくなるかな? いつまでもいつまでも・・・叱り続ける、そういうことにならないかな?

 

019_20101122214029.jpg

うーん・・・後姿ばっかり。^^;;; あけみさんとガク君。

一ヶ月に2回のペースで出席されています。 非常に頭が良い子で、トレーニングの飲み込みが良いので 先読みされて・・・ちょっと大変。

飼い主さんの実力が試されますね。 参加するたびに、リラックス度が増していると思います。 体がリラックスできると、心もリラックスできるので 周りが観察できるし、抱かなくてもよい警戒心から解放されると思うんですよね~。 警戒心を抱かない、これが社会化。社会化はいくつになっても可能である、 これは飼い主側に突き付けられた命題なのでしょうね。

それよりも、犬の心をわしづかみにして(笑)ガウガウ言ってる場合じゃない ママを見ていないと・・・損だよね。

くらいになっちゃいましょうよ~。 という私の提案。 怒りの気持ちで接するか、愛情を貫くか・・・ 犬は騙されませんので、犬が警戒しない接し方で日々暮らしてください。

たとえ飼い主さんであっても、その子が本当に欲しいものが分からなくなっている そういうケースが多いと思います。 犬はね、そこにいることを認められたいのだと思います。 認められるから心を開いてくれる。 お散歩トレーニングに参加されている飼い主さんがそういう気持ちでいて トレーナーがそういう気持ちでいると、 犬のこわばった心は必ず柔和になります。まずはそこまで。

求めることは最小限に。

犬が明るくふるまえるように、飼い主さんが辛抱していただくこと・・・ 継続するということですね、そこをお願いしたいと思っています。

基礎トレーニング重視でした。

それぞれ参加された方が、それぞれの視点でお書きになるものを参考にしてください。 

スポンサー広告