チャーリードッグスクール 

私は社会化のドッグトレーナー

本当は我慢強い犬たち

スポンサー広告
 
 
☆ブログランキング応援よろしくお願いいたします☆
 
本来、動物を飼育(私たちでは、犬ですね)するということは お手入れからトレーニングすべてひっくるめて行って初めて飼育すると言えるのだと思います。 いつの頃からか ペットブームと言われ始めて 専門のトリマーグルーマーさんが多く生まれて そういう人に任せることが当然になっていないかどうか? それと同時進行で お手入れ時の咬みつき問題(問題行動が)多くなっていないか・・・ 犬が我が家にやってきますね。 その時に、いろいろなものに慣らしていくのは その犬が将来出会うものに、恐怖を感じないため。 過剰に興奮しないためです。 例えば、爪切り。 一回に一本、そう決めていたら 嫌がる前に止められるはずです。 本来、爪切りは嫌いでも怖いものでもないから。 嫌いにさせる、怖い物にしてしまうのは、人側の責任です。 ブラッシングもそうね。 ブラシが嫌い・・・?どうして? そのものは危険でも、痛みを与えるものでもないはず。 それを見ただけで怖い、というのは 人がそれで怖い経験をさせたからです。 一日にここだけ、と部分的に決めて1週間で体全部が終わるように そういう周到さが人には必要になって来るのです。 周到さこそ、社会化の要ですよね? 965.jpg また、出来る限りご自分で最初からお手入れが出来るように頑張っていただきたいと思います。 どの犬種にしようか、決めた時には 基本的なお手入れまで、お勉強することが大切だと思います。 人に預けてトリミングするというストレスを軽減してあげるのは とっても優しい飼育、だと思いますので。 肛門腺が心配ですか? 形のある、良い便が出ていれば、自然に排泄されます。 当然、お散歩しなければたまりやすいですよね。 周囲炎は、除菌スプレーでお手入れすることで細菌感染を防げると思います。 トリミング時、過度に暴れてしまって 「甘やかされたから」 と決めつけられて落ち込む飼い主さんがいらっしゃいます。 甘やかしたからではなく、無理させたからですね。 家での無理、か 家で慣らしを何もしないで、専門家に預けて長時間の無理をさせた、から。 トレーナーの立場から見ると、 かなり危うい犬飼いの現状に(トリミング必要犬種が多いから)気が重くなります。 飼い主さんが想像する以上に、慣らしは慎重にお願いします。 あなたが美容院でハサミがが頭に刺さったり 耳を切られたりしたら、次からどんな気分がするでしょう? くしでもつれたところを引っ張られて痛かったりしたら・・・ 怖がるのはあなたが甘やかされたから?でしょうか・・・? 犬って結構大変なことを要求されているんですよね。 ちょっと気の毒になったりします。
スポンサー広告