チャーリードッグスクール 

私は社会化のドッグトレーナー

北風と太陽

スポンサー広告
 
 
☆ブログランキング応援よろしくお願いいたします☆
 
イソップ童話の北風と太陽はご存知ですよね? 有名ですものね。 http://hukumusume.com/douwa/betu/aesop/09/18.htm 以前どなたかが、私の方法は太陽、という意味の記事を書かれていたような・・・ コメントだったかなぁ・・・ 記憶が定かではありませんで、申し訳ないのですが。 正直、私は北風のような人です。(あっ!今うなずいた人がいた!・爆) 太陽か北風かと言えば、北風だと思う。 無理やり感に挑戦は、本能的に好のむし・・・ ただ、そういう人だから、その弊害は身をもって承知しているのです。 長く生きてきましたからね。 いろいろ見えてくるんですよ~。 犬の飼育やトレーニング、しつけですね、その現場はあまりにも北風主義ですよね。 遠くから見ていてそう思いましたので、 思い切ってこの世界に足を踏み入れました。 北風はいけないです。 そう分かってきたから。 まあ、この物語に出てくる太陽も、照らし続けるのですから無理やりなんですけど(笑) 暑いから自分で洋服を脱ごうと思わせるのですね。 風で吹き飛ばすのではなく。 そういう自発的な行動を起こさせる、それが太陽だ、というわけね 009_20100704225005.jpg 身近な犬や猫、その能力の高さ、感情の豊かさ そういうものを思う時、北風の方法、人がおごり高ぶるような方法は そろそろやめて、 人として恥ずかしくない方法で出来るのであれば そちらを選択する、 そういう風潮が育ってくるといいなと思います。 犬たちは感じていないから人を咬んでしまうのではなくて 経験や、持って生まれた弱さゆえ(遺伝子的な何か)人に歯を向けるのだとしたら 人は愛情というぬくもりで愛情の壺を満タンにすることを選ぶべきだと思います。 犬たちは何も記憶していないから、 人の過ちを忘れているのではなく、許してくれているのではないか? そう思うことは間違っているかな? 酷い仕打ちをしても許してくれる犬たちを もっともっと追い詰めてしまって心が壊れてしまうようなことのないように 人としての理性で接することは間違っていないと そう言いきってしまってもいいと思います。 犬は人ではない、確かに。 擬人化はいけませんが、人の子を育てるような育て方で間違いはないはずです。 飼育法は対犬、方法。 でも 感情、心を育てることは、人も犬も違いはないように思います。 そう考えだすと、 犬に対する仕打ちがどれだけ残酷か・・・そう思えませんか? 北風でも太陽でもなくてそうねぇ・・・そよ風がいいな。 こちらと 人気ブログランキングへ こちら にほんブログ村 犬 お手数ですがポチポチと2回、「読んだよ~」のクリックお願いいたします。 トレーニングの予定 【7月のトレーニング】 7月3日(土)・6日(月)・10日(土)・13日(火)・14日(水)・17日(土)・20日(火) 24日(土)・27日(火)・28日(水) 時間:火曜日は午前8時から    水曜日は午後4時から    土曜日は午後4時からです 3日(土)は雨のため中止でした。 8日(木)が天気がよさそうなので振り替えます。 ご都合のよろしい方はご参加ください。時間は午後4時からです。
スポンサー広告