チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

防衛的に・・・咬む

「うちの子、咬むのです」 衝撃が走りますね。 犬が咬む、 やたらに咬む? なぜ、そうなってしまったのか原因が分からない場合もあります。 分かる場合もある。 飼い主さんの行動が咬む原因であればそれを直しつつ犬をリハビリ。 ただ・・・ 原因が分からない時は?どうしましょうか? トリミングショップで酷いことをされた、 お預かりのところで歯を向いた時に酷く体罰を受けた ・・・であろう???と または、 保護犬であれば、元の飼い主さんに虐待された ・・・であろう???とか。 どれも想像するしかありません。また、想像しても咬みが直ることはありません。 原因が分かったところで 咬みが定着している場合は 犬の反射的な脳の働きで咬みつくスイッチが入ってしまうように 設定されてしまった状態です。 それをリセットする、これが咬みつきの矯正です。 取り組み最中の方へ向けてメッセージとして受け取っていただけたら嬉しいです。 先日のお散歩トレーニング・・・ 「ガウッ!」 って突進する犬も何頭か・・・ 「ワンワン」 「ギャンギャン」 吠える犬も何頭か・・・ ただ・・・ 犬を知らない方にとってはすべてが攻撃と映るのかな? と感じます。 合同トレーニング、問題のない犬はまあ、参加されないわけですから 何かしらの問題が出るのが当然なんですね。 その当然出る問題を、 どうしてだろう? と考えられる人が真に犬と向き合うことが出来る人、なのではないでしょうか?
(ハク母さん がお一人で参加されてお写真を撮ってくださいました。 ありがとうございます。 こぎママさん亮子さんすみれの親父さん♪お手伝いいただきありがとうございました。 助かりました。) ハク母さんが撮ってくださったお写真です。 我が家のワンたちと~。 柏の葉 柴好きには堪えられません、初めましての ごろー君と。 私には相当甘ったれに感じましたね~。(*^o^*) 柏の葉公園
「ガウッ!」と突進した。 その行動が正しくないから制御しなければいけないのですが 実はその犬の行動は、自分をかけての最後の手段なのではないか? もともと、対犬へ対人へシグナルを送っていたのにも関わらず それを無視され続けてきたために、反射的に威嚇の行動で自分を守っているとしたら? 制御のために叱るという行動は、人は慎まなければならないはずです。 それは、 吠えにも、咬みにも同じことが言えると思いますよ。 人は犬に唸られた、吠えられた、咬まれたときに反射的に手をあげないでしょうか? 手でよけたり、咄嗟に叩いたり。 防衛ですよね? 攻撃ですけど・・・犬にしてみればね。 犬もそうです。 犬は道具を使えませんので、歯で、口で、訴えるしかないと思うのですけど・・・どうでしょうか? パニック的な吠え、咬みなど・・・ 基本は・・・寛容さで耐える。 その上で、犬がどうしてその方法に訴えたかを考え直す。 叱らない、もちろん叩かない(リードショックもNGです) 使える時にはサプリも試しましょう。 どうしても咬ませたくない時は、口輪も仕方ない。 飼い主さんが怯えてしまわないように対処してください。 ケージに入れっぱなしというのでは解決になりません。 出さなくてはいけない時があるのですから。 今日咬まれた、でも明日も頑張ろう・・・ と思うしかない・・・とか。 思えますか・・・? 犬を失いたくない、その気持ちをどうぞ持ち続けていただいて 気持ちを萎えさせることのないように、頑張ってみましょう。 萎えそうになったら・・・どうぞ遠慮なくSOSを発してください。 応援よろしくお願いいたします。 にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村 2月のトレーニングの予定を立てました。 【2月のお散歩トレーニング】 2月3日(水)・6日(土)10日(水)・13日(土)・18日(木)・25日(木)・20日(土)・27日(土):開始時間は午後1時です 【2月の基礎トレーニング】 2月2日(火)・9日(火)・16日(火)・23日(火):午前10時から2時間程度