チャーリードッグスクール 

私は社会化のドッグトレーナー

お散歩トレーニング・だっこ編

スポンサー広告
 
 
☆ブログランキング応援よろしくお願いいたします☆
 

010_20100129200859.jpg

お散歩トレーニングを組み立てるのカテゴリーですが すべて、普段のお散歩や、犬との暮らしに関わってくることです。

よろしくお願いいたします。 良く、耳にしませんか? 「小型犬の飼い主さんはすぐに抱っこするから犬が社会化されない」 と。

これは思い込みです。 このように考えられ、言われるから 抱っこしなくてはいけない場面で、他の人の目が気になって抱っこできない。

その結果、 その状況下で酷く怯えて、次から自分でどうすることもできない いわゆるパニック的になる。 事が多いのです。

私のところに相談される方はそういう方が多いです。

抱っこばかりでお散歩にも興味なし・・・ という方は、ここにも来てくださらないのでしょうから・・・

小さな犬の方がキャパが小さいので、 保護しつつ、慣らさなければいけないのです。 その辺は、大型犬とは分けて考えなければいけない。

その考えること取り組みは非常に厄介なので 大型犬の飼い主さんにはなかなか理解できない部分なのかもしれませんね。

なので、 意外に自分の行動が小型犬に脅威を与えていることに気づかないことはあります。

例えば、 抱っこされた犬に、不用意に自分の犬を近づけてしまうことがありませんか? 興味深いですものね、犬にとっては。 しかし、止めてくださいね。

止まっていて身動きの取れない状態で近づいて来られるのは? 非常に怖いと思います。 唸りを誘発しますね?

飼い主さんに抱かれているから強気になっている・・・ 非常に非科学的な発言です。 バリアフラストレーションによって、防衛的に唸る、時には空咬みする・・・ 犬としての当然の行動です。

出来ればその恐怖心を味合わせないように、周囲の方は気遣ってあげましょう。

一緒に犬を育てる、というのはそういう気遣いを持つ、ということです。

お散歩トレーニングでは、 パニックになった時などは、抱ける犬は抱いて、 重すぎる場合は座らせてホールドする、 ホールドラッピングでなだめます。

恐怖から脱力させます。そしておやつ。

その犬にとって、最後まで一杯一杯の状態であれば 抱っこで終わる、これもやむなし、ですかね。 その際、おろおろ声で犬に話しかけるのだけは止めて下さい。 不安をあおります。

自分も深呼吸。大騒ぎしても・・・世界は変わりません。

飼い主さんの慌てる様子で、尋常ではないと犬に思わせないように 平常心でいられるように頑張りましょう。

 

スポンサー広告