チャーリードッグスクール 

私は社会化のドッグトレーナー

大型犬でもこのようにできる

スポンサー広告
 
 
☆ブログランキング応援よろしくお願いいたします☆
 
今日、ご紹介するのはハク母さんと、(多分)秋田犬のハク君です。 保護ワンコさんですね。 ブログはこちら。 くまのこ日記 http://boromoufu.blog52.fc2.com/ 非常に熱心な方で、犬への愛情が深い方です。 深いので、より良いトレーニングを、とお考えになるのでしょう。 素晴らしいです。 メールで 「チャーリーママさんのトレーニングは大型犬には無理ですよね?」 と言うご相談がありますが・・・ 全然無理ではないですよ。 取り組み方と意欲の問題でしょう。 噛みが出て、突進する・・・ 小さな10キロ以下の犬でも大変ですが、大型犬になるとさらに大変ですよね。 でも、こうなったら覚悟を決めるしかないですよ。 頑張り通す覚悟ですかね。 その覚悟に、確かなトレーニング理論と、体の使い方、リードの使い方をマスターして 気迫で接すれば犬は必ず応えてくれると思います。 ハク母さんの動画ですね。 停止画像、顎が引けていますね?足の位置に注目。 最も力が上手く使える膝の角度でもあります。 http://www.youtube.com/watch?v=8fwNf7RkPYw *小さな子を驚かせてお叱りが来るかな?とハク母さん、心配されていましたが・・・ 私はそうは思いません。 無茶苦茶怖い、という感じでもないかな。ちょっと嬉しくなっちゃった、って感じ。 ハク君も突進するそうです。 もともとこのように大人しいというわけではなかったのです。 (この動画の突進のしかたは下の上だそうです^^) 止まっている時もリードは操作されていますね? 注意してみてくださいね。 止まっている時、ハク君に無用なプレッシャーを与えないように(無意識かな?) リードを長めに持って(しかも張れていませんし)いますよね。 ハク君に対する愛情と信用を感じます。 リードが張れた時の力の逃し方が最高だと思いませんか? 理想的だと思います。 このように技術的に完成してくると、お散歩トレーニングのネットワークの中心として 頑張っていただけるかな~?と思っています。 頑張って~。
スポンサー広告