チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

人の悪行

犬の飼育が(お散歩が)困難になる、その原因として 挙げられるもののひとつが引っ張り、ですかね。

吠え、というのもあります。

f:id:charliemama3:20160102205037j:plain

吠えるのなら、吠える対象がいない時間帯にお散歩に行く、という選択肢があるので それでもなかなか難しいけれど、 飼育の放棄にはつながらないのかもしれません。

しかし、引っ張りはどうでしょう?

お散歩は辛いですよね・・・引っ張られると。 危ないし。 ・・・恥ずかしいし・・・ その結果、強制訓練で、厳しく訓練することを選択したり 極端なケースには お散歩自体を止めてしまう、そういうのもありますね。

そうすると・・・ 犬は非常に欲求不満を募らせ、 その結果 突発的な咬みが現れる・・・、ことがある。

犬は食事を与えられて満足する動物ではないですからね。 社会性の動物と言うのは、世界とつながっていないと欲求不満が募ります。

イライラを抱えた犬は、いつ時限爆弾が爆発するかわからない状態だったりします。 お散歩に行けない状態、 行っても思うように歩けない状態(叱られるし)で犬はイライラが募り 何かの拍子に歯を向けてしまうかもしれません。

「犬に咬まれた」 「うちの犬が咬んだ」 と大騒ぎする。

大騒ぎするだけならいいけれど、 咬みつきの矯正と言いつつ、体罰を与えられたり クレートに閉じ込められたり無視されて・・・ 寂しい犬はさらにイライラして攻撃的になったりします。

お手上げの人間は・・・飼育の放棄を選ぶかもしれません。

咬み犬・・・ そうさせたのは?人ではないのか? 犬は何も語りませんので、 人はいろいろな悪行を働いてしまったり・・・します。

「この犬咬むんです」 と相談されても、犬は申し開きできません・・・

咬まれても当然のことを人はしていなかったか?

観察してあぶりだします。

これから年末・・・冷たいセンターのコンクリートの上で 悪行を働かれてもなお愛している、飼い主さんを待つ犬たちがいることを どうぞ忘れないでください。