チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

犬が与えてくれるものに応える

004_20091128181700.jpg

トミピーさん のコメント

> >最後の最後を常に意識できる飼い主でありたいと思っています。

> smallcountryさんへのチャーリーママさんの > コメント返しですが この言葉、忘れないようにします。

に対するレスから。 (ずいぶん前の記事です。10月17日“ゆる~く育てましょ♪” http://charlie1210.blog113.fc2.com/blog-entry-814.html

上等の犬具、お洋服、カロリーや栄養素を計算しつくした食事 ワンコ連れのお出かけ、立派なお家・・・ どれも私たちは犬にとって良かれと思うことかもしれませんが、 どんなに与えても、犬の満足度とは関係がないとはいいませんが、 必ず悔いは残るんですね。 犬が与えたいものに応えられるかどうか、だと思うの。 だから、強制的なしつけはだめなのね。 犬が我々に何も語らなくさせてしまうから。 心の交流こそ豊かさ、これは感情を持つ者同士だから達成できるのですよね。 そうできた時、悔いは残らないと思っています。 悲しさに押しつぶされないでいられるのかな、って思います。

この中で、 犬が与えたいものに応えられるかどうか、だと思うの。

という一文に???だった方はいらしゃいますか?

犬が与えたいもの?(犬が与えるもの)

犬が与えてもらいたいもの、ではなく?

犬が与えてもらいたいもの、って・・・ 実は些細なことかもしれない。 お腹を満たす食事、温かく気持ちの良い寝床、飼い主さんからの愛撫 ・・・ でもひょっとしたら・・・ 四六時中お外で過ごすこと、かもしれないじゃないですか?

こんな風に言うのは皮肉でも何でもなくて、そう感じることがあるから。 あれをしてはだめ、ここは入ったらだめ、足をなめたら汚いとか ・・・ 窮屈ですよね。

犬にストレスを与えないって…実は人の取り組みがストレスだったりしないかな?

皮肉じゃなくて。

だから、私はいろいろ、いろいろ考えることはすっぱりやめて 犬が与えてくれるものに応えたいと思うのです。

その中には、正統な犬からの要求が含まれますよ。

また、一途な想いかな。 認められたい、愛されたい、という想い。 その思いが強烈だから、人からの拒否(=叱られること)に 抵抗するように唸ったり噛んだり、内にこもったりしてしまうのかな。

そして何より、犬たちが無意識で与えてくれるもの。 それは、命が育つ時に起こる数々の問題です。 それは私たちにとって要らないもの、腹立たしいことも含まれますが、 命あってのものだね、そこにいるから困ったことも、起こるわけなので 虹の橋を渡ってしまってからでは・・・腹を立てることもできないのですよ。 そこまで考えられる自分になれるか、 犬との暮らしの意味ってそういうところにあると、私は思います。 押し付けるつもりはありませんけれど・・・