私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールの足跡

一歩を踏み出す

私も自分が心配症なものですから、よ~く分かるんですけどね。 危ない橋を渡らせたくない、 取り返しのつかないトラウマになるような経験を積ませたくないって。 でもね、犬たちを見ていると切り替えが早いんです。 遅いのは・・私。 だから、トラウマを作るのは実は経験ではなく 私の働きかけなのか?って・・・ お散歩トレーニングを始めよう、これで行こう って思った時、私の失敗を踏んで欲しくないと思う気持ちが後押ししました。 もともと怖がりな性格の犬がいます。 目につくものが怖くて、だから外出も難しい状態。 飼い主さんは、怖いものがあるところに出すことで、 無理をさせている だからこの仔がもっと精神的にタフになった時に徐々にならそう、 とおっしゃいます。 ふむ・・・ 道理にかなっているような・・・?どこかおかしいような・・・?

いつかタフになりますか? 見てさらに、認識しなければ馴染めなくはないですか? それが普通であれば、あることが普通であると理解しきれば、 怖がる必要がなくなるのではないですか?(これが社会化) または、怖くても我慢できる、とか。 飼い主さんの心ひとつだったりしますよ。 一歩踏み出しませんか? 犬はそんなに弱くない。 飼い主さんに同調しているだけかもしれません。 犬がタフになるのを待つ・・・待てど暮らせどタフにならなかったら? そんなことを考えてたら、smallcountryさんが素敵なコメントをくださいました。 でも、何度凹んでも 「私が諦めた時点がTAROの限界点」と自分に言い聞かせ・・・・ 気がつくとリコールが完成していました。  犬が不憫だと思うことの1つは、飼い主さん次第で世界が変わってくることだと思います。 あの時めげないで良かった。 TAROの世界に制限をかけなくてよかった。今、しみじみ思います。 飼い主さんが一歩踏み出さないと、犬の世界は変わってしまう、それが不憫である、と。 あきらめたらそこで終わり。 犬にとって心が壊れるような体験でないのならば大丈夫! 環境、経験の場を整えてあげる、用意してあげるというのが 我々飼い主にできることなのでしょう。 ★ランキングで良い位置をキープすることで、飼育に迷う方に 犬に優しい、飼い主さんにも優しい方法をお伝えできます。 クリックのご協力、お願いいたします。      にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ


【9月のお散歩トレーニングの予定表】 9月2日(水)・5日(土)・9日(水)・16日(水)・19日(土)・23日(水)・30日(水) *16日から開始時間は午後3時です。 各自ご連絡いたしますが、ご注意くださいませ。* 集合場所は城址公園二の丸広場。 参加費は2000円です。 お申し込み、ご予約は前日までにお願いいたします。 メールフォーム、携帯メール、コメント欄、またはcharliemama☆goo.jp(☆は@に変えてください) でご連絡お願いいたします。 折り返し確認のメールをさせていただきます。

Copyright © 2021 私は社会化のドッグトレーナー All rights reserved.