チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

チョーカーチェーン

004_20090730180758.jpg

もう、かなり前ですけど・・・

「夏休みでワンコ連れでペンションに泊ったのですが・・・」

というご家族がお店に来て、

「チョーカーチェーンありますか?」

と。。。 自分は使いませんけど、当店は一応プロショップですので チョーカーチェーンも取り扱っております。

で、そのご家族ですね、

「ペンションで無駄吠えしてしまって、そこのオーナーさんにしつけのお話をされて 常時チョーカーチェーンをつけて吠えたらすかさず、引くように言われたんです。」

と。 こういう考え方の方に 体罰的なしつけは、後々後遺症が残りますよ、とお話ししても 全く聞く耳持たず、なんですよね。

むしろ、ガードが厳しくなる、かな。 自分の信じているものが崩されることへの危機感すら感じます。

また・・・方法はいろいろで、犬によって合う合わないがあるのだから とやかく言うこと自体けしからん、と中には感じる方もいらっしゃいますが。

体罰(チョーカーによるショックは体罰です)によるしつけで育った仔の中には 対犬に無言で突進、いきなり咬む、という問題を抱えてしまうことがある、 ということを見聞きしますと、 対岸の火事、では済まされないのですよ。

自分の犬を守るために、トレーニングや犬語のお勉強をするのに、 周囲には 脅威となる犬が育っているかもしれない という不安がある・・・ トレーニングを生業にしていますので、言いにくいこともありますけど 商売敵の悪口言ってる、とか・・・

でも~ やはり、正しくないことは正しくないですよ、という知識の流布に努めないといけない、 と思っています。

ペットショップでの生体販売についても同じですよ。

人の商売を邪魔していると考える人は、正しい知識のない人。

ショップで展示販売するから、ペットオークションなるものが存在するのでしょうし・・・ (ジャガイモじゃあないんだから)

あれは嫌ですね、法での規制はできないものかと思っちゃいます。

・・・と話が逸れましたね。 体罰・罰がなぜいけないか、を次回もう少し考えてみたいと思います。