チャーリードッグスクール 

私は社会化のドッグトレーナー

違いの分かる犬・・・?

スポンサー広告
 
 
☆ブログランキング応援よろしくお願いいたします☆
 

人に社会化させる・・・ということをちょっと考えます。

人・・・ 子供、お年寄り、足の悪い杖をついた人、 マスクをかけた人、制服姿の人、 男性、女性、 車いすに乗った人、着物を着た人、 眼鏡をかけた人・・・など。。。

すべて人なのですけれど、犬にとって、一くくりに 「人」だよ、と分かるものではない、ということを覚えておきましょう。

人は人なんだけど、見た目違いがありますよね?

その違いに妙に引っかかる個体がいる、社会化不足とかではなく 認知能力(?)の問題なのでしょうか?どうなのでしょう? これについての研究、どなたか知りませんか? 教えていただきたいです。

猿は・・・ チンパンジーとか、眼鏡をかけた人がいるとかけた眼鏡を 取ってしまうこと、あるじゃないですか。

人間でも幼児などはそういううことしますね。

眼鏡をかけている、と認識しているんですね。

うちの子供はまだ小さい頃、お父さんが散髪に行ったら 顔を見るたびいに泣いていました。 それは、違いに敏感だからですよね。

・・・そういう子は育てにくかったりします。

犬にもそういうタイプの個体がいます。

いちいち反応しますね。

なので・・・人の側は問題であると思ってしまいやすいかもしれません。

違いに敏感すぎるんですよ。

チャーリーはすごいですよ。TVに出てくる獣はもちろん、 看板に描かれた人にも反応しますし、本の中の犬の写真を見ても出て来いとがりがりします。

成人式の着物姿の人を恐れますし、 紙に書いた目玉も恐れます。

色々な仔がいる、っていうことを我々が承知していればいいのです。

では、違いに敏感なワンコさんを動画でご紹介しましょうね。 市ちゃんと、ハナちゃん。 お散歩トレーニングでの出来事です。

 

http://www.youtube.com/watch?v=eLNh9IwyLDw 

 

ちょっとしたこちらの思考の変換をお願いします。、 変わったことをする仔、難しい仔、ではなく そういうものの捉え方をする仔もいる、という認識の仕方。

犬もそう、人も、その他全て生きている物はみんなそれぞれの 個性にしたがって生きているのですから。

 

 

スポンサー広告