チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

今を生きる

187.jpg 何度も書いていますけど、 犬は今、たった今の、瞬間を生きています。 たとえ、痛みがあろうと、空腹でも、恐れを抱いていても それによって、くよくよ悩んだり、明日を心配したりすることはない、 と私は思っています。 人間の想いの投影は、ほどほどにしてあげたいと・・・いつも思っています。 人間は、とかく愛情深いので 寂しそう、悲しそう、苦しそうな相手を見ると 自分の思いを投影しますね? 人間同士であれば、温かな心のやり取りが生まれるでしょう。 高度な脳の働きがあるからです。 では、犬には? ・・・ 犬は犬として犬なりに生き抜いていますので、 人間のそんな愛情深さには期待通りには反応しません。 どんなに思いやっても人の困惑の前に、精神が不安定になってしまうと思います。 大きな変化も嫌いますね。 しつこいのも嫌い。 毎日単純に、食べて、排泄して、探索し、撫でられて、また眠る。 その変化のない毎日を、変化なく送らせてあげられるように あらゆる努力を、出来る限りの努力を惜しまないのが飼い主の務めかな、と思います。 無理に変化に彩りをつける必要はない、と思います。 (つけてもいいのですけど・・・) スピリチュアル、とかヒーリングとか、お墓だとか 私はどうでもいい人で、見るのも聞くのも考えるのも嫌いですけど。 自分の骨でもどこかにまいて、土に帰ればそれでいいかな、なんて思う人で・・・ (リンクをお願されても困るんですけど、そういうお話もあるのでね) どうでもよくない人が見たらムッっとしますか? でも私はどうでもいい人なので、 犬とただ今を見つめて、たとえ明日命が尽きても(私でも犬たちでも) 後悔はしない毎日を暮らしているという自信はあります。 悲しみはどんなときにもつきもので、押しつぶされそうになっても 枯れるほど泣いても、 またお腹はすき、生きている自分がそこにいるのだし・・・ だから、今を生きることに夢中になって、その時できることに精一杯になって 出来る限りの正しさを求めて、 ただただ生きるのが私流なんです。 と、一人つぶやいてみました。 今日も頑張りましょう。