チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

3月7日・お散歩トレーニングの連絡事項

雨・・・
雨ですね。雨

ワンコたち、お散歩できずに可哀そうですね。

さて明日は、お散歩トレーニングです。
3月から、第一土曜日も行うことにしました。
お仕事をされていらっしゃる方は、土日でないと都合がつかない方が多い、ということで。
明日は、かなり多くの方がいらっしゃいます。
初参加の方もいらっしゃいますので、ちょっと連絡事項を。

まず、お散歩トレーニングの目的から復習ですよ。

1月6日の記事からです。
今日はお散歩トレーニング、または私のお教室の目的をお話しさせてくださいね。
重複する内容かとは思いますが、私のトレーニングの信念と言うべきものですので
参加される方は承知していただきたいと思います。

また、これから参加したいとお考えの方は、ご自分の目的と合致していると
思った方のみ、参加していただきたいと思います。
よろしくお願いたします。


多くのしつけ教室の目的は、基本的なトレーニング
スワレ・フセ・マテ・ツケ・コイなどを教えることによって、
問題行動を矯正する、または予防する、というものではないでしょうか?

確かに個別のトレーニングでは、それらの項目を盛り込んでトレーニングしますが
私が行っているトレーニングの
基本は慣らしですので、
スワレなくても何ら困ることはありません。
待たせるために無理に座らせる方法を取りません。
立っていてもそれが落ち着くのであればOK。
競技会に出る、優良家庭犬の試験に合格させたい、
そのためのお教室ではないので、周りから見たら・・・
何をやっているのか???かもしれませんねぇ。

犬が社会に適応するために必要なことは、過剰に反応しないことだと思っています。
それには慣らし=鈍感にさせることです、大切なのは。

罰によって矯正するのは、感じなくさせること。鈍感にさせるというのは
ちょっと違いますよね?

犬が苦手な犬が・・・犬を見かけた時の反応は
「犬だ!犬だ!ワンワォ~ン!!!」
って感じ。
ならば、2時間近く、適当な距離をとって犬たちと歩けばどうだ?
お散歩トレーニングはそのように、慣らしのためのトレーニングなのです。
飼い主さんは
「絶対に無理」
とおっしゃいますが、意外に一緒に興奮せずに歩けるものです。

ただ・・・犬同士のシグナルを見る目の育っていない状態での(飼い主さんが)、犬同士のコンタクトは
慎重にしていただかないと困ります。
そのシグナルを学ぶ場所でもありますので
積極的に質問してください。
また、その日の目標、年間を通しての目標、または最終目標などを
お仲間に発表することも大事かなと思います。
なぜなら、集う方々は、自分の犬と自分それ以外に集うすべての犬を育てようというくらいの
熱意のある方ばかりだと思うからです。


明日はまず、リード使いを講義してから出発しましょう。
晴れるかな?2時開始です。
慣らしのために少~し時間に余裕を持ってお越しくださいね。
城址公園でお待ちしています。☆-( ^-゚)v