チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

怪しい理論に惑わされないために



支配性理論
を信じている方は手を挙げてください。パー

次の質問。
「あなたの犬が、あなたの制止を聞かずに、向こうからきた犬に吠えかかりました。
あなたは犬に見下されていると思いますか?」耳

またこちらはどうでしょうか?
「群れのリーダーだと思い込んでいる犬は、お散歩時にリードを引っ張って歩く」ショック!


ここに来てくださる方はすかさず、「ノー」と言い切れるはずですが・・・

どちらかいまだに考えてしまう方の方が、多いと睨んでいます。目


家族の中で、犬がリーダーになっているから、問題行動が現れる。

この呪縛から逃れられない人がかなりの数、いると睨んでいますよ。



でも・・・
犬が可愛いし、寝顔を見ていたら
「リーダーなんて思っていないよね。思っていても私は構わない。
私を守ってね」
・・・・・
(こういう考えも私的には受け入れがたいのです。
守るのは飼い主の仕事です、現在の社会情勢では。)

という方も少なくないのではないでしょうか・・・?


犬はリーダーになろうと企むようなことはしないでしょう。
そこまでの知能があるのなら、もっともっと物覚えがいいはずです。
物事を繰り返し教えなければ覚えない犬たちは
日々、自分の要求が通るために、自分が手に入れたいものが手に入るように
チャレンジしているだけだと思います。


そのチャレンジを、良い方向に導くことがトレーニングの目的であるので
飼い主さんが、犬の思考方法と、学習理論を学ぶことが必須になるわけです。

ザ・カルチャークラッシュ―ヒト文化とイヌ文化の衝突 動物の学習理論と行動科学に基づいたトレーニングのすすめ/ジーン ドナルドソン

¥3,885
Amazon.co.jp

何度もご紹介していますが、このカルチャークラッシュは
トレーニングと、犬の学習理論を学ぶのにとても役に立ちます。
少々難解なので、何度も読み返す、時には紙に書き写す、等の勉強が必要になって来ます。

最初に良い理論をしっかり身につけていると
公園などで交わされる、怪しい飼育理論に惑わされることはなくなると思いますよ。