私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールの足跡

良い性格の犬が絶対に人を咬まないと保証できるか?



「うちの仔は馬鹿だから,家の人間を咬んでしょうがない。
もっと利口な犬を飼おう」

ちょっと待ってください。
お宅の犬が利口かそうでないかは知りませんが
たとえ利口でないとしても、
たとえ次に利口な犬が手に入ったとしても・・・
ではお聞きしますが
「良い性格の犬があなたを咬まないと保証できますか?」

犬が咬む、
誰でも咬みますか?
家族限定ではありませんか?
もしくは・・・家族の中の誰か、限定とか。

それでトレーナーや訓練士のもとに相談に行く。
そうすると言われませんか?
「この犬は、家族の中の順位を勘違いしている!」
と・・・

そうでしょうか?

犬にとって嫌だな、そう思うこと、そう思う瞬間
そう思うことをする人に咬みつくのではないでしょうか?
手当たり次第、目の色を変えて咬む、という犬はそうそういるもんじゃない、
と思うのですが・・・どうでしょうか?


「うちの仔は咬むのです」
そう言われて接してみると、意外におとなしかったりします。
「トレーナーだから怖い」
「咬んではいけない雰囲気をもっている」
「わかってくれそうな人だから」
とかいわれると、カリスマ性を得るのには格好のチャンスですが・・・

残念ながらそうではないと思います。

では、初対面の人間、または面識のない人間になぜ咬みつかないか?

嫌なことをしていないからです。

試しに、首輪をつけると咬むという仔に
その時首輪をつければ咬みますし、
頭の上に手をかざされるのが嫌いな仔にそうすれば
間違いなく咬みつきが現れます。
自分のテリトリーに入られることが我慢できない仔は
お家に入るなり、咬みつきに来るかもしれません。

嫌なこと・・・

我々が嫌だと思うことがその犬にとって嫌なことではないでしょうし・・・
なぜ、それが嫌なことになったのか、その辺を調べないといけません。
また、
咬むこと、が日々強化され続けていれば、
咬むことは、おしっこする、とか吠えるとかと同じように
その犬にとって、して当然の行為になっているのですね。

その心理の中に、家族間の順位とか、憎しみとかはないはずです。
どんなにお利口な犬でも、
対応によっては咬むようになります。
訓練性能と、咬みつきは次元が違います。

たとえ、服従訓練が完璧にできている犬でも、
人に社会化(慣れ)されていなければ、人に咬みつくでしょう。
犬に社会化されていなければ、犬を咬みます。
吠えられることに耐性がなければ、ほえられたら興奮して
咬みつきを誘発してしまうでしょう。

犬にとって嫌なこと、ここがポイントです。
さあ、犬についてどんどん学んでいきましょう。明日に続きます。



ブログ村のランキングバナーです。一日一回のクリックで応援よろしくお願いいたします。

クローバー毎日多くの方にクリックしていただき、感謝感謝でございます。クローバー
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ







やはり、この文言を挿入しておきま~す。
以下のグーグルアドセンスの宣伝は、私とは一切関係ございません。
推奨しているとお考えにならないように、お気を付けください。
 

     ダウン
     

      

Copyright © 2021 私は社会化のドッグトレーナー All rights reserved.