チャーリードッグスクール 

私は社会化のドッグトレーナー

人間が介入することを受け入れさせる

 
 
☆ブログランキング応援よろしくお願いいたします☆
 



犬の順位付けに人が介入するか、しないか、
というトラコミュでのアンケートにかぶってくるお話で、
犬の表情を読む、をお終いにしたいと思います。

犬はオオカミとは違い、順位付けに無頓着な動物だという認識を持っています。

が・・・
やたらと気にしたり、
マウンティング行為をしかけたり
小さい犬、弱い犬を追い掛け回すという
無礼な犬は多いものです。

そういう犬は飼い主さんに対しても要求が強かったり
人に意識を集中できずに
「犬だ犬だ」
とやたらに大騒ぎしやすかったりします。

ドッグランなどでも
飼い主さんの制止を聞かないのはそういうタイプの犬です。
飼い主さんも、制止できないのではなく
制止しないという、無頓着さがみられることもあります。

無礼な行為には、
断固介入です。
犬同士で勝手に生きているわけではないので
人間はもっと介入すべきだと思います。

日常的に介入することによって、
興奮状態でも、制止が効きやすくなりますし、
何か大きなトラブルが起こったときには
飼い主さんが収める、というルールが作れます。
そして何よりも興奮状態の犬が人に触れられても
攻撃行動を誘発し難い、
介入の効果はそこに現れるはずです。

いつも犬に任せていると、制止を聞かず、
止めようとした人間をパニックになって攻撃する、
という悪い習慣ができやすいです。

確かに犬は犬同士、なのですが・・・

犬を群れで飼育していたら
結果人を必要としなくなった、
そういう実験結果を聞いたことがあります。

ここにも、なぜ人が介入すべきか、
という理由がありますね。
あなたの犬は、あなたと生きていくのです。
犬同士で遊ぶためではありません。
あなたと充分な幸せな生活があるからこそ、
外に意識が向かったときにも安心感があるのではないでしょうか?

犬の心のよりどころ、
心の港としてのあなたが犬に自信をもたらし、その結果
新しい事にチャレンジする意欲をもたらすのだと思います。
だから
頑張るのですよね。我々飼い主は。


スポンサー広告