チャーリードッグスクール 

私は社会化のドッグトレーナー

命のやりとり

スポンサー広告
 
 
☆ブログランキング応援よろしくお願いいたします☆
 

いきなりですが
ムツゴロウさんは好きですか?

私は大好き。
尊敬しています。

ムツゴロウの動物交際術 (文春文庫)畑 正憲文藝春秋このアイテムの詳細を見る



前にもご紹介しましたよね。ムツゴロウさんの動物と付き合うための
本です。楽しいですよ。

でも・・・
中にはムツゴロウさんのことを言うと
「私は嫌い、動物でお金儲けするなんて」
と真剣にお怒りになる方もいます。
それはそれでとやかく言うつもりはありませんが、
一つの事が受け入れられないからと言って
すべてを否定するのはいかがなものでしょうか?
ムツゴロウさんの知識、経験、権威まで否定するのはせん越ですよ。

今、とかくスマートな犬のトレーニングが主流で
体当たり的なものが野蛮に見えたりしませんか?
・・・
(私はスマートな方法ではありません。)
私はまず、犬に触れることと犬が私の匂いを嗅いで
私を知ることからスタートします。
これはこれからも代えるつもりはありません。
(ムツゴロウ流ですね。でも根底には科学があります。)
今は
テクニック重視、クリッカー、天罰療法的な道具みたいに
遠隔操作のような方法がもてはやされています。(よね?)
家庭犬に本当に必要でしょうか?
私はもっと触れ合うことが大切だと思うんです。
動物なんですから。

私は元来ゆるい人間なので、
「ここはこうでないと」
とか
「ここは譲れない、絶対曲げられない」
みたいなことから何とな~く距離を置きたい人です。
なので、何かの団体に属して、一つの方向に向かうことが
非常に苦手。
「ここはこう」
と言われると、こうでも、ああでもいいのに・・・
とテンションの下がる人です。

でも、対犬には真剣勝負で行きます。
これはムツゴロウさんの影響が大きいかな?
以下に私の心に響いたムツゴロウさんの言葉をご紹介します。

動物と付き合うことは、命が触れ合う一瞬を共有して生きることでもある。・・・
動物の心は純であり、ナイーブで、軽蔑されることを何よりも嫌い、
涙に濡れた瞳で外界を見つめている。
だから人は、自分をより純粋に、
そして単純にすれば、相手の心に届き得ると理解すべきであろう。


人間も動物なんです。
そこのところを忘れてしまうと、
犬をはじめ動物と付き合っていくのには
厳しいものがあると思います。


スポンサー広告