チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

甘噛み神話?

はい、では
魂ごとど~んとぶつかる心構えを持っていただいたところで
最初にみなさんが甘噛みで相談されるきっかけになる
不安をあおる、しつけ本によくある記述を
ご紹介しておきます。
甘噛みは、支配的行動である。
兄弟間の階級闘争を挑んできているのであるから
毅然と立ち向かう必要がある。
この支配性をそのままにしておくことで
将来人を咬む犬になるかもしれない。

というもの。
・・・段々怖くなってきました。
でも・・・
それが真実であったら、私達人間はなぜこんなにも
犬を求めるのでしょうか?
なぜこれほどまでに、長い歴史を共有してこれたのでしょうか?

何度も犬を飼っているとこの記述がいかに的外れであるか
経験的にわかってきます。
しかし、お店にいて
初めて犬をお飼いになる方たちに話をお伺いすると
この記述の影に怯える方がかなりの数いる
と言う事に気がつきました。
支配的な行為に力で臨む、まあ普通はそうなります。
その結果、人の手が頭の上に来るだけで
身構えたり、噛みつこうとしたり、怯えたり
そういう犬にしてしまうことが多いですね。
で、力(ここでいう力とは叩く事です)を使いたくない方が
甘噛みについてとことん悩まれるのではないか、
と感じています。


では次の記述を考えてみます。
失敗させないように管理して,良い行動へ導き、できたら褒める
というもの。
一見、素晴らしく思えます。聞こえがいい。
これは陽性強化の教科書によく出てくる記述。
が、落とし穴があります。
犬は絶対、失敗するからです。
犬は失敗しながら学んでいきます。
大切なのは、失敗をさせないことよりも(それも大切ですが)
失敗した時の対処の仕方です。
失敗させないように・・・では、失敗したらどうするのか?
について書かれている本は見たことがありません。
ですので失敗した・・・次どうするの?
ということになるんですね。


大切なのは叱り方です。(または伝え方と言った方がいいかな?)
叱ると一言で言っても、その方法はいろいろですよね、きっと。
「コラッ」
と言うより先に手が出る人もいるでしょう。
無言でマズルをつかむことで叱る人もいます。
私が叱ると言っているのは
犬がしている行動が受け入れられないと言う事を
「あっ」
で知らせ(犬に言います)犬がこちらを見たら(目があったら)
「だめでしょ?」
と言う。
この方法です。

「そんなこと言われても犬は私のことを見ないし、
言っても聞きません」
・・・
次回に続きます。

 

心を育てる犬育て

心を育てる犬育て