チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

多頭飼育の極意

   





「多頭飼育の場合、犬の順位付けに
人間が関与しないように。
人間が間に入ることで、ますますケンカが
ひどくなります。」

上記の教えあなたはどう思いますか?
賛成ですか?
違和感を感じますか?
少し考えてみてください。

・・・・・・・・・・・

いかがですか?

多くの飼育本、あるいは多頭飼いの経験者は
YESと答えるでしょう。

私は、
NO!
です。

私は他の面ではゆるいです。
ゆるいトレーナーですが、こと権力闘争に関しては
命もかけます。
大げさではなく、そのくらいの意気込みを
持たないと、犬たちに方向性をみせられませんので。

我が家の犬たちには
人間をリーダーにして、
決して権力争いをさせません。
人間が常に毅然とその態度を維持できない時
犬たちは迷い始め、自分の位置を探り始める
ような気がします。

カレンは体が大きいし、力も強いので
リーダーか、というとNO,です。
小さいココを追い掛け回すことも
きびしく叱りました。
チャーリーはいばりんぼうですが、
食べ物をめぐって唸ることも
きびしく叱ってやめさせました。

小さい子も大きい子もゆったりお互いの位置を
認め合いながら、誰が上とか下とか
そんな事に神経をすり減らす事のないように
させてあげるのが人間の務めだと、思います。