チャーリードッグスクール

私は社会化のドッグトレーナー

皮膚は一番大きな内臓


皮膚は一番大きな内臓である。
って、ご存知でした?

これを聞いた時
「お~、だから寒風摩擦は身体を
丈夫にするんだ!」
とひとり納得しました。

これを、犬(特にパピーの時期)との遊びに
取り入れない手はありません。

以前、6ヶ月までは、基本的なトレーニングよりも
しっかり遊んだほうがいい、と書きました。

その遊びとして、触ってやる、ことを
おすすめします。

体と体をぶつけあったり、取っ組み合ったり、
少しきつく、犬の皮膚を触ったりするのです。

しっかり触られていないと、犬は敏感になりすぎます。


なので、取っ組み合いの遊びの中で、犬の口に手を
突っ込んでみたり、しっぽをつかんだり、仰向けに
ひっくり返したり、手足の先端をつかんだり・・・

これを日課にしてほしいくらいです。

我が家のやんちゃ坊主、チャーリーは、
私とひとしきり追いかけっこして、プロレスして
その後、お休みタイムです。

人間の側が、めりはりをつけてあげることは
犬を落ち着かせるのに非常に役立ちます。