チャーリードッグスクール 

私は社会化のドッグトレーナー

気迫で勝つ!

スポンサー広告
 
 
☆ブログランキング応援よろしくお願いいたします☆
 


あられはチャーリーには逆らいません。
訓練用語でいえば、絶対服従でしょうか。

あられがまだ家に来て間もない頃、
一喝したのですね。
無礼な振る舞いをするたびに。
(時には一方的にチャーリーが無礼だった・・・)
あられはいじけませんでしたよ~。
むしろ叱ってもらうことで、徐々に、自分が何なのか、
どういう位置にいるべきか、を学んでいったような気が
します。

パピーの時期、いわゆる社会化の時期、
あまりにも知識に振り回されすぎているのでは?
と思います。
つまり、「トラウマを作ってしまうのではないか」
という思いから、テクニックに頼ろうとしすぎる、
ということ。

もともと臆病な子は少し気を使う必要がありますが、
多くの場合もっと毅然と威厳を示した方が、
犬の心の発達にはいいのでは・・・
と思います。

やはりここでも体罰はNG
いつまでも叱り続けない
「あなた自身のいらいらをぶつけているだけではないか」
と自問する、
叱った後は、仲直り、一緒に遊ぶ。
このことを守れば、決してトラウマになることはない、
そう信じています。

「叱っても、ぜんぜん言う事をきかないんです。
 むしろエスカレートします。」
というあなた、気迫で勝負ですよ。

 

スポンサー広告