私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

ガッツある取り組み

 おはようございます。

はてなブログ過去記事はりつけ昨日、キーワード「小麦」で検索したらワサワサ記事が出てきたよ(笑)

charliemama3.hatenablog.jp

 初めて小田原の散トレに出てくれた日記。懐かしいな。

この頃はまだてんかんは出ていなくて・・・。発症してからの道のり、取り組みをずっと見させてもらっていますが、ただただ頭が下がります。

ガッツあるな!

病気による唸りなのか何なのかはっきりしないじゃないですか?飼い主には。

下手にオペラントで好ましい行動に正解を与えると、むしろ前後の唸りは強化します。

なのでほぼほぼ、レスポンデントを重視した感じの取り組みで二次強化子であるなだめの「おりこうさん」「すごいね」の言葉で情動の鎮静化を図ります。

オペラントで強化された場合はおやつはないのか!(笑)と態度で示すのでわかりやすいですね。

丁寧な取り組み。これが傍目には犬目線すぎると捉えられて、攻撃性には役不足なんじゃないか?力で制する方が人は安心だったりします。

でも行動のもとになる情動をまず穏やかに保てるようにしていきたいものだと思います。

ビビりでパニックになるケースも同じように取り組みます。

その上で楽しいトレーニングをしていくと自信がついてネガティブな情動に支配されないでいられるようになってきますね。

ご相談はお気軽にどうぞ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村