私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

リードでつながってることもまあまあ悪くない

親御さんのリードの扱いが雑だと、子どもも同じようにリードを扱います。

リードの先に犬がいるので、それは直していただきたいな、とお話ししています。

リードでコントロールする

という発想を自分の中から追い出すことが大事で、ドッグトレーニングの中からも追い出したいなと思ってやってます。

リードショックやチェック、合図は犬を咬みやすくします。

興奮度が上がるんですね。ネガティブな感情を起こします。

するとさらに大きな刺激でコントロールしなくてはいけなくなるので、リードショックは必須、と言われてしまうのでしょう。

 

犬に優しくすることができない人がいるのはどうしてでしょうか?

まずは形だけでも優しくするようにすれば、やさしくすることの方がうまく行くことに気づきますよ。

リードでつながっていることもまあまあ悪くない、犬もヒトもお互いにそう思えるように。

その具体的な方法をリードワークワークショップで学んでいきましょう。

秋からは生涯学習の形での開講も計画しています。小学校でもリードワークできますのでお問い合わせください!

  

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村