私は社会化のドッグトレーナー

チャーリードッグスクールCDSオフィシャルブログ

自分が特別ではなく犬の能力が優れているのだと思います

 おはようございます。

↑なるさわ道の駅でゲット。新製品(笑)ビスケットの天ぷらが入ってます。

けっこう美味♪

 

超大きな台風が近づいてる・・・。またまた頭が痛くなるかしらーー〆)

昨日の記事

charliemama3.hatenablog.jp

 

に引用したいなと思ってたつぶやきを入れ忘れ(笑)

 

こちらから適切に働きかけてあげれば落ち着くね。働きかけのいろいろを、または働きかけようと思ってではないものまで、犬の感受性は見逃さないと思います。

自分が特別なのではなく犬が特別。

だから自分の行動や表情に気をつけましょう、ということを常に考えています。

だから↑のように犬にしてあげたいなと思っても、落ち着いていない自分では無理だったりするね、とかね・・・。

犬はそう言う意味ですごいセラピストだ。

「いやそんなことない、煩わしい、面倒だ」

という人は犬を飼わなければ良い、それだけ。

犬や猫の最期を看取ること。勇気がいるけれどもっと強く生きてもっと多くの命を送り出せるようになりたい、そう思うようになりました。

だから何かさせて褒めるというトレーニングよりも、その命を認めて励ます、なだめる、整えるというコンディショニング(=古典的条件づけ)を重視するようになりました。

だから関わった命が寂しく終わりを迎えるなんて嫌だ・・・。猫さんは姿消す子もいるけれど。

真面目にひたむきに関わり合いたいと思います。

 

f:id:charliemama3:20160825074811j:plain f:id:charliemama3:20160825074811j:plain

秋からのリードワークワークショップ、日程をお知らせし同時に参加者を募集し始めています。

犬連れさんが足りないので絶賛募集中です。